日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 伊勢谷友介、最後の作品が駄作

伊勢谷友介「ジャニーズのクソドラマ」がキャリアの最後になるのか? 大麻逮捕の余波

文=日刊サイゾー

近年稀に見る駄作ジャニドラ

「『未満警察』は今期のドラマでワースト1位の駄作。初回の放送で、主演2人が警察学校の生徒にもかかわらず『のぞき』行為をするシーンがあり、これが大炎上。しかし、問題はそれだけでなく、2話以降もとにかく脚本が破綻していて近年稀に見るクソドラマの様相を呈していた(苦笑)。最終回の視聴率は11%と2桁に乗りましたが、ファン以外は見てないでしょうね。伊勢谷は『得体の知れない役』や、『風変わりな伊達男』を演じさせれば右に出る者がいない稀有な俳優だと思いますが、このドラマではそうした伊勢谷の持ち味も大して生かされていなかった。これが彼の最後の作品になると思うとちょっと不憫ですね……」

『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』(共にTBS系)など、意欲作が多かった今期だけに、その駄作っぷりが際立ったようだ。伊勢谷の俳優としての類稀なる才能を無駄にしたまま幕切れとなるのは、本人にとってもさぞ無念なことだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/06/10 18:05
12

大麻所持で逮捕の伊勢谷友介、最後の作品が「ジャニーズのクソドラマ」の無念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

『イカゲーム』密輸で銃殺の衝撃!

 NetFlixで配信され大ヒット中の韓国ド...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真