日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『麒麟がくる』向井理チョンマゲ頭の理由

『麒麟がくる』向井理のチョンマゲ頭は“変わり者”の証? 戦国ヘアースタイル事情を紐解く

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

野郎頭と冠、そして蹴鞠のヒミツ

『麒麟がくる』向井理のチョンマゲ頭は変わり者の証? 戦国ヘアースタイル事情を紐解くの画像3
蹴鞠

 野郎頭で結われる「髷」は、固くて小さいので、冠を固定できないのですね。だから、紐を使うしかないのですが、あの紐は「懸緒(かけお)」と呼びます。もともとは冠をかぶった状態で、蹴鞠(けまり)をするときのアイテムです。見た目は良くても、礼儀作法上、実は略式となります。

 掛緒には「紐」ではなく、和紙をよじって作った「こより」を使うのが正式なんですね。紐は、いうなればスポーツ用品のような扱いですから。

 さらに紐を使うには、「蹴鞠の家」のひとつだった飛鳥井(あすかい)家にお金を渡し(いわば特許代)、帝にも紐の使用許可を得なければいけないのでした。想像以上にお金がかかって煩雑だったのです。

 コロナの流行終焉を願い、京都の北野天満宮が比叡山の僧侶の方々と共同で「北野御霊会(きたのごりょうえ)」の儀式を約550年ぶりに執り行ったというニュースを先日見ましたが、この時の北野天満宮の神職の方は紐ではなく、こよりを使って冠を頭に固定なさっておられ、「さすが!」と感じ入ったものです。

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。2021年3月26日、新刊『眠れなくなるほど怖い世界史』が発売。 好評既刊に『愛と欲望の世界史』『本当は怖い日本史』(いずれも三笠書房・王様文庫)など。

Twitter:@horiehiroki

原案監修をつとめるマンガが無料公開中。「La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~」
最新刊『眠れなくなるほど怖い世界史』(三笠書房)

最終更新:2021/02/06 21:30
12

『麒麟がくる』向井理のチョンマゲ頭は“変わり者”の証? 戦国ヘアースタイル事情を紐解くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真