日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンサング・シンデレラ』バラバラになった薬剤部

『アンサング・シンデレラ』バラバラになった薬剤部…瀬野は助からなかった?

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 9月17日に放送された、石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第10話の衝撃のラストが話題となっている。

 薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)は、有用な治療薬がほとんどない副腎がんを含む重複がんを患っていた。瀬野の担当薬剤師を務める主人公・葵みどりが途方に暮れていた時、海外に副腎がんに有用な治験薬があることを知らされる。みどりをはじめ薬剤部の仲間たちは担当医師や病院、そして瀬野を説得し、治験薬を用いたがん治療を受けることを決意して第10話は幕を閉じた。

 『アンサング・シンデレラ』のエンディングは、DREAMS COME TRUEによる主題歌「YES AND NO」とともに、各話にメインで登場した患者の“その後”が映し出される。今回の場合は瀬野が回復して元気になった姿……と思いきや、そこに瀬野の姿はなかった。

 映し出されたのは、2年後の萬津総合病院薬剤部。新人だった相原くるみ(西野七瀬)はすっかり1人前の薬剤師になっており、ドラッグストアに勤務していた小野塚綾(成田凌)は救急認定薬剤師の資格を取り、瀬野と同じポジションで活躍していた。いつものメンバーが調剤室で忙しなく処方箋をさばく中、部長の飯田聡子(真矢ミキ)が研修生を紹介する。

 研修にやってきたのは、以前萬津総合病院に入院しており、みどりが担当薬剤師を務めていた簑島心春(穂志もえか)。挨拶を終え、その場にみどりと瀬野がいないことに気付いた心春がそのことを訪ねると、主任の刈谷奈緒子(桜井ユキ)が「2人とも、もうここにはいない。薬剤部はバラバラになった」と表情を曇らせ、エンディングが終了した。

 果たして、2人はどこへ行ってしまったのだろうか。予告編にも瀬野の姿はなく、もしかすると、みどりたちの願いは叶わなかったのかもしれない。そして、みどりは責任をとって萬津総合病院薬剤部を退職……なんていうこともあり得るだろう。瀬野とみどりがいる薬剤部を、もう見ることはできないのだろうか。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/09/22 08:30

『アンサング・シンデレラ』バラバラになってしまった薬剤部…衝撃のラストシーンの意味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

「素の志村けん」とものまねの現在地

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真