日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 長澤まさみ、ウン気急下降の事件

長澤まさみ、人気絶頂の「ウン気」を急下降させた“ハエ事件”をさんまが述懐

文=日刊サイゾー

長澤まさみ

 村上ジョージやジミー大西ならいざ知らず、20歳のアイドル女優に言うセリフでなかったのは間違いない。

 9月15日放送の『秋の超豪華さんま御殿!』(日本テレビ系)で、明石家さんまが長澤まさみを号泣させた「ハエ事件」について振り返った。

「さんまによると、2007年放送のドラマ『ハタチの恋人』(TBS系)で共演した際、長澤の頭にハエが止まり、NGテイクになったケースが2度も続いた。それを見たさんまが、『ハエなんか止まるの、うんことお前ぐらいやで!』とボケたところ、長澤が泣き出してしまったそう。さんまは撮影現場の空気を和まそうとしたと釈明していましたが、ネット上ではあまりにデリカシーのない発言に女性たちからフルボッコとなっています」(芸能記者)

 同ドラマ出演以前の長澤といえば、04年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ブレイク。その後も、06年の『涙そうそう』で泣き顔や『ラフ』での水着姿で、世の男たちのハートを射抜き続けてきた。

「そんな芸能界No.1アイドル女優の長澤に会いたいという、さんまの熱烈ラブコールにより共演が実現。しかし、50歳の中年男と20歳の専門学生の恋を描くラブコメディーはまったく視聴者に受け入れられず、日曜21時枠として歴代最低の平均視聴率8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の大爆死。うんこ呼ばわりされた長澤は、打ち上げの席で『2度とさんまさんと共演したくありません』と言い放ったことも、当時は大きな話題となりました」(テレビ関係者)

 視聴率以上に後味の悪さを残したが、この後、長澤の“ウン気”は急下降することに。

「08年には黒澤明の名作をリメイクした映画『隠し扉の三悪人』に出演するも、批評サイトで『100点満点の10点』と酷評される始末。長澤のお姫様役は及第点だったものの、本来はサブキャラだった農民の嵐・松本潤と手に手を取って旅立つというストーリーに改ざん。ジャニーズのゴリ押しの被害者となってしまった。さらに同年の主演ドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)では、回を追うごとに上野樹里の出番が増えていき、完全に食われるトホホな結果となっています」(前出・芸能記者)

 33歳となった現在、何度目かの「ピーク」を迎えている絶好調の長澤だが、さんまにあの話を蒸し返されたことで、また失速なんてことにならなければいいが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/20 18:00

長澤まさみ、人気絶頂の「ウン気」を急下降させた“ハエ事件”をさんまが述懐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真