日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宇内梨沙アナ、ゲーマーぶりで注目

プレステ5の転売ヤーに激怒! TBS宇内梨沙アナ、ガチすぎるゲーマーぶりで注目度が急上昇

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

「転売ヤー本当許せぬ。調査兵団なら駆逐してる」

  TBSの宇内梨沙アナウンサーが9月18日に更新したSNSにて、この日から予約開始された「プレイステーション5」が発売前から一部で高額出品されていることに苦言を呈した。

「宇内アナは、プレステが35万円で出品されていることを目にしたそう。冒頭のように漫画『進撃の巨人』のセリフを引用しつつ、『呆れちゃうね』『どんなにお金持ちの方も誰も買わないで欲しい。永遠に』と呼びかけています」(芸能記者)

 そんな宇内アナは、ゲームに関しては「年間プレイ時間は662時間」「eスポーツの大会も出場経験アリ」というほどのガチ勢。最近は自主制作したゲーム実況動画を投稿することもあり、そのオタクぶりがクローズアップされている。

「小学校の時に『ポケモン』に出会い、そこからゲームの世界に没頭したそうです。あらゆるハード、機種を親に買ってもらい、約500本のソフトを持っている。しかし、そのせいで大学受験に失敗し、浪人するという苦い経験も味わっています。以前に、殺人鬼から逃げるサバイバルホラーゲーム『Dead by Daylight』のゲーム実況を行った際は、瞬殺される赤っ恥をかいたこともありましたが、自宅で『撃つぞ、コノヤロウ』とのめり込んでいる姿は可愛さ満点です。

 以前、番組で先輩アナの出水麻衣にキス経験を聞かれた際には、『あります!』と中学時代の体験談を語っていましたが、28歳になって浮いた話がまったく出て来ないのも、ゲーム三昧の日々だからでしょうね」(週刊誌編集者)

 ネット上では、eスポーツ界隈で活躍するフリーアナの内田敦子との対決を期待する声や、先輩の宇垣美里のようにコスプレを希望するファンも多い。

 現在は『報道特集』『Nスタ』でスポーツを担当しているが、彼女を活かす道は他にありそうだが……!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/22 10:30

プレステ5の転売ヤーに激怒! TBS宇内梨沙アナ、ガチすぎるゲーマーぶりで注目度が急上昇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真