日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > モニタリング、心霊ドッキリ感心

TBS『モニタリング』トリンドル姉妹の廃墟心霊ドッキリに感心の声「これ考えた番組頭いい」

文=日刊サイゾー

TBS赤坂タワー

 9月17日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、「廃墟ビルで怪奇現象が起きたら……」というテーマのモニタリングが行われ、番組側の仕掛けに感心の声が上がっている。

 この日行われたのは、20年前に廃墟と化した巨大ビルで、ロケ中の芸能人にさまざまな心霊現象が起こるというもの。空き物件を紹介するという偽番組のロケで、まずはタレントのトリンドル玲奈、トリンドル瑠奈姉妹が揃って白いワンピースを着用して廃墟ビル入りし、お札を発見したり、“白い女”が出ることを伝える恐怖のメモを発見したりなどしていた。

 その後も突然停電が起こるなどしていましたが、ここまでは、ある意味よくある心霊ドッキリパターン。視聴者から反響が集まったのは、次の展開だった。

「実はトリンドル姉妹と少し時間をズラし、同じビルでロケを行っていたのが、Snow Manの渡辺翔太、佐久間大介、岩本照の3人。もちろんお互いの存在は知らされず、時間とフロアを少しズラしてロケを敢行。Snow Manも同じように停電やメモなどのドッキリを仕掛けられ、さらに停電中に近くを白い女が通ったりなどし、メンバーはそのたびに絶叫し3人で身体を寄せ合って驚きまくっており、ファンからは『可愛すぎる』『ビビりまくる姿が面白すぎる』という声が集まっていました」(芸能ライター)

 また、2組がクロスする一幕もあったという。

「トリンドル姉妹はスタッフから4階に置かれていたピアノでなにか弾くよう指示され、ふたりで椅子に座って演奏していましたが、同時にSnow Manが行っていたのが、かくれんぼのコーナー。隠れることになった渡辺が4階へ上がり、離れたドアからトリンドル姉妹と同じフロアに入りましたが、姉妹ふたりとも白いワンピースを着ていたため、渡辺は『白い女』と勘違いして絶叫し、慌てて2人の元に逃げ帰っていました。

 また、この叫び声を聞いたトリンドル姉妹も、叫び声で恐怖心を煽られることに。その後もさまざま仕掛けられるドッキリに対し、特にSnow Manはビビりまくり。恐怖体験が起こると必ず3人身体を寄せ合って叫ぶことから、スタジオのブラックマヨネーズ・小杉竜一が『小動物みたい』とツッコむ場面も。視聴者からは『時間差ドッキリって斬新』『相乗効果でお互いがいることで怖くなってるところがすごい』『これ考えた番組頭いいな』といった評価も寄せられていました」(同)

 ドッキリの仕掛け自体に注目が集まる、珍しいパターンとなっていた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/18 21:30

TBS『モニタリング』トリンドル姉妹の廃墟心霊ドッキリに感心の声「これ考えた番組頭いい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真