日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『アンサング~』いよいよ今夜最終回!

『アンサング・シンデレラ』いよいよ最終回! 有終の美を飾れるか?

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の最終回が、今日9月24日に放送される。前回のエンディングに葵みどり(石原)と瀬野章吾(田中圭)の姿はなく、「薬剤部はバラバラになった」という衝撃の一言で幕を閉じた『アンサング・シンデレラ』。みどりと瀬野はどこへ行ってしまったのだろうか。そして、かつてのメンバーが揃う薬剤部をまた見ることはできるのだろうか。

【最終回あらすじ】
 ステージⅣの副腎がんを患う瀬野に抗がん剤治験薬の投与を始めて2年が経過した頃、みどりは萬津総合病院を離れ、町の産婦人科医院で働いていた。一方でドラッグストアに勤務していた小野塚綾(成田凌)は、救急認定薬剤師の資格を取って萬津総合病院に移動。現在は、瀬野が以前務めていたポジションを任されている。

 小野塚はみどりに萬津総合病院に戻って来てほしいと頼むが、みどりは「今の仕事が大事だから」と断る。そんな会話をしていると、みどりの携帯に産婦人科医院からの呼び出しが。てんかんの既住を持つ妊婦・向坂千歳(土村芳)がお腹を打って倒れたため、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られたという。

 母子ともに無事であったが、てんかんの症状で転倒してしまった千歳に、みどりは抗てんかん薬をきちんと服用していたか確認する。千歳と世津子は服用していたと答えるが、入院後、千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てており……。

 千歳が抗てんかん薬の服用を拒んだ理由、そこに視聴者に伝えたいメッセージが込められていそうだ。もしかすると、千歳はインターネットで「抗てんかん薬は胎児に悪影響」などの情報を見つけ、自己判断で服用を中止したのかもしれない。近年、誰が発信したのかも分からない情報を鵜呑みにして、患者自ら薬の飲み方を変えてしまうことが問題となっている。これまで、「薬と向き合うことの大切さ」「治験の必要性」などについて、視聴者に訴えかけてきた『アンサング・シンデレラ』。最終回にはどんなメッセージが込められているのだろうか。

 また最終回のゲストには、千歳役の土村や産婦人科医役の前原滉をといった若手実力派俳優をはじめ、母親役の朝加や、千歳と同室の患者役に入山法子など豪華キャストが勢ぞろいしている。彼らの骨太な演技が、最終回を更に盛り上げてくれることだろう。今夜の放送を楽しみに待ちたい。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(ライター)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

さおとめりこ

最終更新:2020/09/24 18:13
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真