日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 東京五輪、メディアに撤退ムード

東京五輪、NHKや全国紙が“五輪体制”を解いて大手メディアに撤退ムードが蔓延か

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:applekun4649

 経費削減報道にいちゃもんをつけている場合ではない。来年夏に延期された東京五輪の組織委員会は18日、五輪簡素化の費用について、一部報道で200億円ほどに削減額がとどまると指摘したことに「誤解を与える報道が出たことに遺憾」とコメントを発表した。

 9月24日、25日にはIOC国際オリンピック委員会の中にある、調整委員会と日本の組織委が、約50項目にわたる簡素化案について調整している。実際の削減額や効果についてはその後、精査される予定。まだ着地点が見えないだけに組織委サイドが物言いするのも分からなくはないが、関係者は「そんなところですべて文句を言ってたら今後、どれだけ指摘しないといけなくなるか、わからないほどの状況になる。

 IOCは盛んに五輪開催を推し進めようとするコメントをここにきて連日発表しており、政府もそれに乗っかっているが、世界的に見て新型コロナウイルス感染再拡大すれば、やはり中止は現実味を帯びるのは今も変わっていない」と話す。

 そんなことを見越してか、五輪に対する周囲の熱もかなり冷めている。

「すでに全国紙やNHKなどは秋の人事で、これまで維持してきた“五輪体制”を解いています。優秀な人材から小間使いできる人材まで、とにかく東京に集めていたのですがカネがかかってしょうがない。仮に主催者の思惑通りに開催ができても、メディアはそこまで大きく取り上げる体制ができておらず、結局盛り下がってしまう可能性は否定できない」(在京テレビ局スポーツ番組スタッフ)

 一部が強硬姿勢をとればとるほど、世間の熱は冷めていくのだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/25 22:00

東京五輪、NHKや全国紙が“五輪体制”を解いて大手メディアに撤退ムードが蔓延かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真