日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 放送作家が人気動画を分析「YouTubeには手を出すな]  > 芸能界の「干されてもYouTube」に実力派芸人が苦言
放送作家が人気動画を分析「YouTubeには手を出すな」2

もうスキャンダルなんて怖くない!? 芸能界に漂い始めた「テレビに干されてもYouTubeやればいい」空気に実力派芸人が苦言!

文=谷田彰吾(たにだ・しょうご)

YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」より

 元TOKIOの山口達也さんの酒気帯び運転、伊勢谷友介さんの逮捕と尿検査陽性……毎週のように繰り返される芸能人のスキャンダル。競泳のオリンピック日本代表・瀬戸大也選手まで不倫騒動が報じられたわけですから、もはや誰がいつどうなっても不思議ではありません。

 当然ですが、大きなスキャンダルを起こせば芸能人はテレビやCM、営業の仕事がゼロになります。仮に復帰しても、ダークなイメージがつきまとい、仕事が減る人が大半。しかし、今は事情が変わってきました。そうです、YouTubeがあります。YouTubeは自分のお店のようなものですから、自らの意志でスタートすることができます。しかも、開設費はタダ。スマホ一台あればすぐに始められる商売です。

 その典型例が、雨上がり決死隊の宮迫博之さんでしょう。反社会的勢力との闇営業問題でレギュラー番組を次々と降板。テレビからは事実上の“追放”状態になりました。しかし、騒動の数ヶ月後にはYouTubeをスタート。低評価の嵐となった謝罪動画から始まりましたが、YouTuberのヒカルさんらの助けも借りて、今では登録者数100万人を超えています。あくまで推定ですが、月収1000万円を超えていてもおかしくありません。テレビに出られなくても食っていけるモデルケースと言えます。

 こうなってくると、秩序がちょっと乱れてきます。これまでは、悪いことをしたら職場であるテレビから追い出されることが罰でした。しかし、「だったら自分でやればいい」という新たな道ができてしまった。だからといって「じゃあ犯罪しよう!」とは誰も思わないでしょうが、“アウトになっても打席に立てる”のは現実なのです。

12

もうスキャンダルなんて怖くない!? 芸能界に漂い始めた「テレビに干されてもYouTubeやればいい」空気に実力派芸人が苦言!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真