日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『バイキングMORE』で ルッキズム強調

坂上忍さえも呆れ顔 『バイキングMORE』すでに迷走? ルッキズムを強調するひどい内容

『バイキングMORE』すでに迷走? ルッキズムを強調するひどい内容に、坂上忍さえも呆れ顔の画像1
坂上忍

 29日放送のフジテレビ『バイキングMORE』(月~金曜11:55)でリニューアル後の新コーナー「2時プロジェクト」の2回目が放送。テーマ選びに疑問が残る。

 1時間拡大した同番組で始まった新しいこのコーナーは、世の女性が「今知りたいこと、調べてほしいこと」に答えを出し、坂上忍ら“おじさん”出演者へプレゼンしていくというもの。初回の28日の放送では“イケメン100人に聞いた「あ、この女性料理下手かも」と思った瞬間”を調査し、料理は女性がするものという価値観の押し付け、時代遅れ、と早くも批判が殺到している。

 2回目のこの日は“『Popteen』モデルのママはやっぱりキレイなの?”がテーマ。

 進行役のフジテレビアナウンサーの藤本万梨乃(24)が「皆さん『Popteen』って知ってますよね、もちろん」と出演者に尋ね、同じく進行役のブラックマヨネーズが「ほとんど愛読してますよね、このメンバー」とひとボケ。それをきいた火曜日レギュラー陣とMCの俳優坂上忍(53)とフジテレビの伊藤利尋アナウンサー(48)はぽかんとした表情を見せた。

 10代向け女性ファッション雑誌のことをおじさん達が知らないのは当たり前で、藤本アナが『Popteen』出身の藤田ニコルやみちょぱの名前をだすと「あーあー」と、やっとピンと来た様子。タレントのヒロミ(55)はそのワードを聞いて、興味が沸かなかったのであろう「このコーナー俺いる? 早めに上がらせてもらってもよろしいでしょうか?」と発言し笑いを取った。

 専属モデルのうち3人を取材し、ママを紹介しもらい顔出しで話を聞くと言うVTRが流れたのだが、1番最初の17歳のモデルが紹介されると坂上は「え? 17歳でママなの」と発言。「いやいやこの人のママを」と伊藤アナに説明され、坂上は「何だよ、趣旨を解ってなかった」と、このコーナーにはまったく関与していない様子が伺えた。

 VTRが終わるとかつて“ブス嫌い”と言い放った坂上も「皆さん綺麗でした」とまとめ、売れっ子タレント出演者はそれなりにコメントし盛り上げたが、タレントのミッツ・マングローブ(45)は「男のモデルのお父さんが見たいなと思って見ていたんですけど」とバッサリ。続けて「みんな良いお家のお嬢さんたちなのね、後はお母様たちがいくらサバを読んでいるのかなって」とコメントし場を盛り上げたが、ミッツにも興味のない話題だったのだろう。

 出演者はもちろん視聴者にも興味の無い話題だったのではないだろうか? 女性に向けた企画と銘打っているが、ターゲットがどの年代なのか良く分からないテーマな上、企画趣旨とはかけ離れているように感じる。しかも初回のイケメン100人や今回のキレイなママなど、やたら見た目を重要視する傾向が古臭い。

 このコーナーに本当に“世の女性が今知りたいこと、調べてほしいこと”を扱う日が来るのだろうか。

最終更新:2020/09/30 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed