日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 岡田結実、オスカー退社後初のドラマ出演大丈夫か?

岡田結実、オスカー退社後初のドラマ出演…女優としての“真価”問われるWOWOWで存在感しめせるのか?

文=田中七男

岡田結実、オスカー退社後初のドラマ出演が決定! 女優としての真価問われるWOWOWで存在感しめせるのか?の画像1
岡田結実。

 3月いっぱいで大手芸能事務所オスカープロモーションを退社し、新事務所Viivoに所属する岡田結実が独立後、初となる女優業への挑戦が決まった。

 岡田は11月22日に放送開始するWOWOWの『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』にヒロイン格で出演する。同作は中山七里氏が、今年3月に出版したばかりの同名小説が原作。

 上川隆也が演じる主人公・志賀倫成は、スクープを追う有名週刊誌の副編集長。ところが、一人息子がストーカー殺人事件を起こし、被害者と共に自ら命を絶ってしまう。スクープを追う側だった志賀は、一転追われる立場となるが、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。岡田は事件で両親を奪われた被害者遺族の女子高生・星野奈々美役で、志賀に恨みを募らせるようになるが、彼女の存在が志賀の運命を変えることになるという役柄だ。

 もともとモデル、バラエティタレントとして活動していた岡田は2016年にオスカーに移籍し、それを契機に女優業に進出。17年2月公開の映画『傷だらけの悪魔』で女優デビューを果たし、18年3月23と30日にオンエアされた特番ドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系)でドラマ初出演にして主演。同7月期の連ドラ『ヒモメン』(同)には女優2番手で出演。19年1月期『私のおじさん~WATAOJI~』(同)で連ドラ初主演を果たし、今年1月期『女子高生の無駄づかい』(同)でも主演を務めた。

 オスカー退社後に出演した番組で、岡田は「方向性の違い」をその理由に挙げ、女優もバラエティも、両方こなしていきたい意向を明かしていた。

「オスカー時代に出演したドラマは、4作中3作が“主演”で、実績のなさを考えると破格の扱いでした。それは同事務所と懇ろの関係であるテレ朝だからこそ可能だった。独立した以上、これからは本人の実力で勝負していくしかない。これまで出たドラマはみんなコメディタッチで、演技力がなくても、それほど目立つことはなかった。しかし、今度の作品はシリアスなドラマなので、当然役者としての真価が問われます。この役をうまくこなせるかどうか、視聴者のみならず、テレビ各局も注目しているはずです」(芸能プロ関係者)

 岡田自身も公式コメントで「今までの私の少ない役者経験の中では、明るい役や楽しい役を演じることが多かったので、その中で星野奈々美を演じるということは、私にとってはある意味チャレンジです。お話をいただいたときは、興奮と同時に不安がありました。いまだに私でいいのかな、なんて思ったりする日もあります」と包み隠さず語っているが、まさにその通り。

 その挑戦の場が地上波ではなく、BSの中でも個別に契約して視聴料金を払わなければ見られないWOWOWというのは、ある意味ラッキーというべきか。逆にいえば、WOWOW視聴者にはコアなドラマファンも多いため、岡田はフンドシを締め直して撮影に臨まなければならないだろう。

最終更新:2020/09/30 17:00

岡田結実、オスカー退社後初のドラマ出演が決定! 女優としての“真価”問われるWOWOWで存在感しめせるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真