日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 岡田結実、独立後の命運

岡田結実、オスカー退所でも干されず? “レギュラーゼロ”回避で独立後の命運

文=田中七男

岡田結実

 3月いっぱいでオスカープロモーションを退社し、現状個人で活動している岡田結実が、意外にも好スタートを切っている。

 同月まで、岡田は3本のレギュラー番組を持っていたが、MCを務めていた『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)は同29日で打ち切り。『オスカル!はなきんリサーチ』(テレビ朝日系)は、オスカーが企画制作する番組とあって、当然降板した。そんな中、注目を集めていたのが『首都圏情報 ネタドリ!』(NHK総合)での去就だったが、4月になっても出演を続け、“レギュラーゼロ”を回避した。

「そもそも『ネタドリ!』はオスカーが獲った仕事です。大物タレントならともかく、岡田クラスなら、事務所を辞めれば通常は降板になっても致し方ない。ところが出演継続になったのは、オスカーのお家の事情が絡んでいるのではないでしょうか。同事務所がこれまでのように、芸能界で大きな求心力を持ち続けていたなら、NHKも岡田を降板させ、同事務所が推薦するタレントを新たに起用した可能性がある。しかし、岡田のみならず、エースの米倉涼子らが続々と退社し、社員も大量離脱しています。さらに、創業者で同事務所を大手芸能プロに育て上げた古賀誠一社長が3月末で会長職に勇退しました。このようにオスカー本体がぐらついて、テレビ各局への影響力も急激に弱くなってしまった。そういった背景もありますし、岡田自体の好感度も低くないため、NHKは切らなかったのでしょうね」(芸能プロ関係者)

 『ネタドリ!』の続投が決まった岡田は、5日には『波瀾爆笑』の裏番組だった『サンデージャポン』(TBS系)に出演する変わり身のはやさを見せた。

 岡田は、同事務所を退社したワケについて「2年ぐらい前から少しずつ思っていて。ちょっとした方向性の違いが話し合ったときにあって、これから何年か重ねた後に、その道が大きく分かれることが少し悲しいなって。そしたらその前から、ちょっとずつ一人でやめた方がいいのかなって」などと話している。

 一部では、退社の理由を「バラエティではなく、女優に専念したいから」とも報じられた岡田。オスカーという大きな傘の下から独立し、本人が希望する女優の仕事は果たして入るのだろうか?

最終更新:2020/04/09 12:00

岡田結実、オスカー退所でも干されず? “レギュラーゼロ”回避で独立後の命運のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真