日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 尾上松也、いじられキャラ確立?

尾上松也、バラエティー番組の連続出演でまさかの“いじられキャラ”を確立か

文=日刊サイゾー

尾上松也公式サイトより

 9月30日に放送された『くりぃむクイズ 尾上松也』(テレビ朝日系)の2時間スペシャルに歌舞伎俳優の松本幸四郎と、同じく歌舞伎俳優の尾上松也が出演した。尾上と言えば32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均世帯視聴率)の高視聴率で最終回を迎えたドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、IT企業の敏腕社長役を演じ話題となったばかりだが、今放送では敏腕さのかけらも感じられないポンコツぶりが際立った。

 番組冒頭、松也は「前回出演した市川猿之助がどうしても松也を呼んでくれというので出演した」と語るが、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也は「いや、猿之助さん、そんなに松也さんに期待していませんでしたよ」とすかさず突っ込み。それでも「幸四郎さんも僕じゃなきゃどうしてもいやって言うんですよ」と、ポジティブな姿勢を貫いた。

 その後も、松也のポジティブ発言と周囲のいじりは止まらない。「私は誰でしょうQ」のコーナーで尾上が出したヒントを、幸四郎は「漠然としすぎていてわからない」と手厳しく評価するが、松也はまったく反省する様子もなく「無理に僕のヒントが役に立たなかったみたいに言うのが、僕のことを好きな証拠なんですよ」とにっこり。

 続く「どこまで覚えてる?!タイムマシンQ」で松也は、2018年のカーリング女子による流行語「そだねー」がわからず「そうっしょ!」と回答。当然不正解となったが、その後も事あるごとに「そうっしょ!」を連発し、「なんか流行らそうとしていない!?」と突っ込まれていた。

 止まらない松也の暴走と出演者のいじりにネットは「番組冒頭リアタイできなかったけど松也くんめちゃめちゃいじられとる…。かわいい。しんどー」「幸四郎・松也コンビ最高すな。松也氏かわいすぎた。 幸様ぼーっとしてるとこが面白い」「幸四郎さんと松也さんすんごいわちゃわちゃしてはるーー。たのしそう」といった声が飛び交っていた。

「ドラマのイメージと違って、実は松也はいじられキャラとして輝くタイプ。先日『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演したときにも、嵐の松本潤とムロツヨシにいじられて盛り上がっていました」(芸能ライター)

 元AKB48・前田敦子のかつての恋人として一般にも広く知られるようになった松也だが、最近はドラマやバラエティー番組に積極的に出演し、好感度も右肩上がり。がっしりとした見た目からは想像がつかない、いじられキャラのギャップが視聴者に受けているのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/02 06:54

尾上松也、バラエティー番組の連続出演でまさかの“いじられキャラ”を確立かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真