日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内結子さんの遺族取材が過熱…

竹内結子さんの遺族取材が過熱…マスコミ報道のあり方に疑問

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

竹内結子さんの遺族取材が過熱…マスコミ報道のあり方に疑問の画像1
竹内結子さん(写真/GettyImagesより)

 死去の真相は藪の中だが、世間の関心は“一家のその後”に移っていくのだろうか?

 女優の竹内結子さんが先月27日に亡くなったことは世間に衝撃を与えたが、ここにきて報道の在り方に疑問を呈す声が多く聞こえてきている。

「すでに家族葬が執り行われていますが、竹内さんの所属事務所であるスターダストプロモーションは、一部のマスコミが自宅周辺や実家、親戚などへの行き過ぎた取材行為により、家族や近隣の方々の生活やプライバシーが害されて負担となっていることに対して、配慮を求めています。

 10月4日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、タレントのSHELLYが『ご家族の個人情報を出して誰も得しない』『これを誰が求めているんだろう』と憤慨。9月29日の『とくダネ!』(フジテレビ系)でもカズレーザーが自死したタレントのインタビューを流すことに、『あんまりご家族に対していい気持ちはしないと思いますし。うがった見方をすれば、死人にむちを打っているとも思う』と私見を述べていました」(芸能記者)

 新婚かつ再婚相手の夫・中林大樹との間には、子どもが生まれたばかりだった。

「外野が騒ぐことではないものの、世間の注目が集まってしまうのは残された子どもたちの今後です。0歳の乳飲み子を誰がどうやって育てるのかももちろんですが、再婚を後押ししたという前夫・中村獅童との間に生まれた15歳の長男にはさらに好奇の目が注がれています。実父である獅童はすでに再婚して妻子がいますし、中林とは血縁関係がない。一方で、これを我々週刊誌などのマスコミが、ほっておくかといえば……」(女性誌記者)

 遺族のプライバシーはもちろん守られるべき。ましてや、未成年もいるわけである。さらにこうしたメディアの姿勢は、いつの時代も問題視されてきたことを、忘れてはいけないことだろう。

 

最終更新:2020/10/07 11:15

竹内結子さんの遺族取材が過熱…マスコミ報道のあり方に疑問のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真