日刊サイゾー トップ > 芸能  > のんに飛び出したまさかの「女性器騒動」

男性のゲスな妄想が爆発! 朝ドラ女優・のんに飛び出したまさかの「女性器騒動」とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

男性のゲスな妄想が爆発! 朝ドラ女優・のんに飛び出したまさかの「女性器騒動」とは?の画像1
う~ん…妄想しすぎのような気も(JA全農いわてYouTubeより)。

 10月1日より、のんが出演するJA全農いわて『いわて純情米』シリーズの新テレビCMが、世の男性たちをざわつかせている。

「純情米」は岩手県の農家が丹精を込めて育てた米の名称。のんは昨年放送されたテレビCMでは稲穂役を熱演したが、今回の「最後のひと粒」編では“お米”役を務めている。

「のんの代表作であるNHK朝ドラ『あまちゃん』の舞台が岩手だったことにちなんでの起用だと思いますが、のんは白い衣装で体を覆い、フードから顔をのぞかせて“お米”を熱演。『ねえねえ忘れないで!私はここにいるよ!』と叫ぶと箸でつまみ上げられるのですが、実はその箸の持ち主である普段ののんが満面の笑みで最後のひと粒を頬張るという演出になっている。本人も『いつも人間の形だけど、今日はお米の形で演技しているのが、 シュールで面白かったです』と楽しんだようです」(芸能ライター)

 しかし、CMを観た男性たちからは「ええのんかこれ……?」「 ネタ的にギリな気がするが……」「これ企画したやつ天才!」といったニヤけ口調のコメントが殺到しているという。

「のんのお米のコスプレは“純情”どころかネット民から『白い女性器』と揶揄されています。のんといえば、過去にも『ドラゴンクエスト』のCMで水玉のかぼちゃパンツとともに、スライムを頭にかぶるというシュールなコスプレを披露していたことがありますが、今回のインパクトはそれ以上ですね(週刊誌記者)

「忘れないで!」のフレーズがのんの芸能界における立ち位置と重ね合わせているようにも聞こえるが、たとえ「女性器騒動」であっても、世間の注目を浴びれば、いま一度タレントして“美味しく”なるかもしれない?

最終更新:2020/10/07 12:00

男性のゲスな妄想が爆発! 朝ドラ女優・のんに飛び出したまさかの「女性器騒動」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真