日刊サイゾー トップ > 芸能  > 唐田えりか「事務仕事」報道の裏側

唐田えりか「事務仕事」開始の裏事情 事務所をクビになっていないのは、後ろめたさが理由?

文=日刊サイゾー

唐田えりか「事務仕事」開始の裏事情 事務所をクビになっていないのは、後ろめたさが理由?の画像1
唐田えりか(Getty Imagesより)

 東出昌大との不倫が発覚し、芸能活動を休止していた女優の唐田えりかが、髪をショートカットにして事務仕事をしていると、NEWSポストセブンが報じている。

 記事では、都内のオフィス街を歩く唐田の姿を紹介。最近は、所属事務所が用意した事務仕事をこなしているという。

「唐田さんは芸能活動を休止していますが、所属する芸能事務所フラームをクビになったわけではありません。事務所としても、唐田をしっかりサポートしたい思いがある。だからこそ事務仕事を用意したんでしょう。ある程度の時間を置いたら、活動を再開するはずです」(芸能事務所関係者)

 所属事務所が、大騒動を起こしてしまった唐田を守り続けるのには、それなりの理由があるという。

「騒動が発覚する前、唐田さんと現場マネージャーがまるで親友のように仲が良かったといいます。唐田さんは、プライベートな悩み事もマネージャーに相談するくらいだったそうで、当然ながら恋愛の話も含まれていた。そのため、どうやらマネージャーは東出さんとの不倫の事実も知っていて、唐田さんの裏アカなども把握していたらしいんです」(同)

 つまり、所属事務所は不倫の事実を把握していながらも、唐田を止めることはしなかったというのだ。

「もちろん、マネージャーは“不倫はよくない”などといったアドバイスをしていたとは思います。でも、マネージャーと唐田さんの仲が良すぎたからか、無理やり別れさせるなどの強硬には出られなかったのでしょう。それこそ、事務所全体の問題として、不倫をやめさせることも可能だったはずで、そうしていれば、ここまでの大きな騒動にならなかったかもしれない。事務所サイドとしても対応が甘かったという認識があり、唐田さんに対しても少なからず後ろめたさがあるのではないでしょうか。だからこそ、クビにするようなことはなく、サポートを続けている可能性も高いでしょう」(同)

 所属事務所と共に再起に向けて進む唐田えりか。きっと近い将来、また女優として活動する姿を見られることだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/08 10:00

唐田えりか「事務仕事」開始の裏事情 事務所をクビになっていないのは、後ろめたさが理由?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真