日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ガチャピンだけ地上波復帰の裏事情

ガチャピン地上波レギュラー復帰! ムックと格差広がる…片方しか起用されない理由は“ギャラ問題”か?

文=日刊サイゾー

ガチャピン地上波レギュラー復帰! ムックと格差広がる…片方しか起用されない理由はギャラ問題か?の画像1
『Live News イット!』公式ツイッター

 この秋からフジテレビの昼のワイドーショーが軒並みリニューアルした。

 11時55分から放送していた坂上忍MCの『バイキング』は『バイキングMORE』にタイトルを変えて、放送時間を拡大。また、加藤綾子が司会を務める15時45分からの『Live News it!』は『Live News イット!』に改め、加藤に加えフジテレビアナウンサーの榎並大二郎が司会の席に座ることとなった。

「特に『Live News イット!』のリニューアルは相当肝いり。というのも、もともと視聴率が振るわず加藤綾子もクビになりかけていましたからね。リニューアルでどうにか数字を取れるようにないと、もうあとがないかも」(芸能記者)

 そんな『Live News イット!』だが、意外なものがレギュラーとして出演している。それが、フジテレビの子ども番組『ひらけ!ポンキッキ』から生まれたキャラクター・ガチャピンだ。

 ガチャピンは今年3月から同番組のお天気コーナーを担当。さらに6月には『ガチャピンニュースit!』という、時事ネタを扱う冠コーナーもオンエアされた。今回の番組リニューアル後も、ガチャピンはレギュラー続投と相成った。

 ガチャピンは45年間続いた「ポンキッキシリーズ」に、相棒のムックと共に出演していたが、2018年に起こったフジテレビの一大改編に飲み込まれ、『めちゃ×2イケてるッ!』や『とんねるずのみなさんのおかげでした』と共に打ち切りに。当時は「ガチャピンとムックまでもがリストラの憂き目に遭うなんて、フジテレビは相当ヤバい」といった声も聞かれたが、その後はBSでのレギュラー番組やYouTubeが主戦場になっていた。

 しかし、今年の春からガチャピンだけがひっそりと地上波レギュラー復帰していたのである。

「ガチャピンとムックは、地上波レギュラーリストラ後すぐにUUUMと提携して『ガチャピンちゃんねる』というYouTubeチャンネルを立ち上げました。そこで公開したガチャピンの『歌ってみた』や、ムックの『弾いてみた』が大ヒット。特に、ムックが米津玄師の『Lemon』をストリートピアノで弾く動画は、2800万回再生という数字を叩き出し、地上波撤退後にもかかわらず根強い人気を証明しました。もしかしたらこうしたYouTubeでの活躍が、地上波復帰を後押ししたのかも」(ウェブサイト編集者)

 ところが、地上波に戻ってこられたのはガチャピンだけ。ムックは相変わらずBSとYouTubeでしか見ることができない。これに対し、フジテレビの関係者は「だってガチャピンのほうが有名でしょ」とにべもない。

12

ガチャピン地上波レギュラー復帰! ムックと格差広がる…片方しか起用されない理由は“ギャラ問題”か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真