日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『バイキング』フット後藤の降板劇

『バイキング』フット後藤のみ降板で岩尾はレギュラー継続! ギャラが原因? コロナで浮き彫りに

文=日刊サイゾー

『バイキング』フット後藤のみ降板で岩尾はレギュラー継続! ギャラが原因? コロナで浮き彫りにの画像1
吉本興業公式サイトより

 フットボールアワーの後藤輝基が、フジテレビ系情報番組『バイキング』を9月24日放送回をもって卒業。後藤は、番組スタート時の2014年4月から木曜レギュラーとして出演していた。一方で、相方の岩尾望は10月以降もレギュラー出演を続けるという。

 コンビの片方だけが降板するという異例の事態。一部ではMCである坂上忍との不仲説もあるようだが、実際にはどうなのだろうか。

「『バイキング』の木曜レギュラー陣は、プライベートでも仲がいい。坂上さんとレギュラーコメンテーターの薬丸(裕英)さん、そしてフットの2人の4人を含めたメンバーで飲んだこともあったそうです。フットの2人がプライベートで会うことはほとんどないので、この木曜メンバーの仲の良さはかなり特殊ですね。だから、坂上さんと後藤さんが不仲であるとはちょっと考えにくい」(芸能事務所関係者)

 坂上忍によるスタッフや共演者に対するパワハラ疑惑もたびたび浮上する『バイキング』。しかし、後藤に対してはそのようなことはまったくなさそうだ。では、一体どうして後藤のみが卒業となったのか。

「コロナ後は『バイキング』でもスタジオ出演者が減って、リモート出演が増えているんですが、岩尾さんが頻繁にリモート出演をする一方で、後藤さんは基本的にお休みになっていたんです。もともと後藤さんは、坂上さんと並んでMCの役割を担っていたので、コメンテーター的な仕事はほとんどしておらず、リモートで出たところで、何もできないわけですからね。結局コロナによって、“後藤なしでも成立する”という共通認識が生まれたのでしょう」(制作会社関係者)

 この秋の改変で『バイキング』は。『バイキングMORE』と番組タイトルを変え、放送時間が拡大。番組制作は、ワイドショーなどを担当する情報制作局の担当となる。

「番組自体も大きくリニューアルし、同時に制作費の見直しも行われたといいます。その中で、後藤さんのギャラがネックになった可能性は高いですね。

 今の後藤さんのギャラは、ゴールデンタイムのMCクラス。一方の岩尾さんのギャラは、“ひな壇芸人クラス”で、後藤さんに比べると安い。しかも、岩尾さんはコメンテーターとしてどんなニュースでも、しっかり気の利いたことが言えるので、制作サイドとしてはこんなに安くてお得な人はいないという感覚なのでしょう。費用対効果を考えれば、“岩尾残しで後藤アウト”というのも理解できますね」(同)

 後藤にとっても、特に役割がない『バイキング』に出演していてもメリットはない。ごくごく自然な卒業だったと言えそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/29 11:00

『バイキング』フット後藤のみ降板で岩尾はレギュラー継続! ギャラが原因? コロナで浮き彫りにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

スマートニュースの「現地調査」

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真