日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > コンビニ新商品「Tuesday Morning Reviews」  > ローソンレンチン系麺、札幌、喜多方、博多を食べ比べ
Tuesday Morning Reviews #21

ローソンから発売したレンジでチンする系ラーメン、札幌、喜多方、博多の麺を食べ比べ!

文=テキパキオ

ローソンはセブンよりも割高?

ローソンから発売したレンジでチンする系ラーメン、札幌、喜多方、博多の麺を食べ比べ!の画像2

パキオ:では次の「麺屋彩未監修 札幌味噌らーめん」(税込み530円)にいってみましょう。なんとセブンイレブンとのコラボではおなじみの「すみれ」で修業したご主人がオープンしたお店だそうです。

渡辺:それは期待が高まるね。こっちの麺はだいぶ黄色くて縮れているね。チャーシューの上にちょっとだけおろししょうがも乗っている。

パキオ:麺がちょっと違う気がします。しょうがも入っている割に全体的にパンチ不足なんですよね。濃厚なスープであるが、どこかまろやかすぎるというか……。

渡辺:そう? 後味すっきりで僕は嫌いではない。最後の「博多一幸舎監修 博多豚骨ラーメン」(税込み530円)で〆ましょう。

パキオ:細麺がポキポキした感じは悪くないですね! 僕は正直これが一番好きです。別添えで紅ショウガを用意してくれたところもありがたい。

ローソンから発売したレンジでチンする系ラーメン、札幌、喜多方、博多の麺を食べ比べ!の画像3

渡辺:麺固めってやつかな。細いながらもしっかり歯ごたえがありますね。「一幸舎」という名前は初めて聞きましたけど、海外展開もしていて「一風堂」とか「一蘭」みたい。そして、博多の人は「一」が好きなのか!?

パキオ:そんなこと知りません! 議論すべきはどれも税込み価格が530円でいいのかっていうところでしょう。僕はやっぱりちょっと高いと思いました。

渡辺:そういえば、セブンの一風堂レンジ麺は税込み500円以内だった気がするから、確かに高い気もする。おにぎりと組み合わせて買ったら700円コースだからね。450円ぐらいだったら満足なんだけどな。

パキオ:はい。カップ麺とおにぎりの組み合わせのほうが有能ですって。

渡辺:ローソンは今後も月1~2品を発売するとしているからかなりやる気だと思うけど。

パキオ:少なくとも有名ご当地ラーメンが一周する前に棚から消える気がします。

渡辺:いつになく辛口。ただ有名店コラボのカップ麺が並んでいる隣で、コラボしたレンジ麺が売れるにはもうひとつ決め手が欲しいというのは同感です。僕はまた買います!

【今日のまとめ】

 

・ローソンが外食コラボでレンジ麺シリーズ「RAMEN YOKOCHO」を発足
・日本三大ラーメンからスタートするが、2人のおすすめは「とんこつ」
・価格面の優位さから、有名店コラボカップ麺の優位はしばらく揺るがなさそう

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)

浜松市出身。2児の父。マーケティングアナリスト、日本唯一の流通アナリスト、コンビニ評論家、流通ジャーナリスト、約730品の商品開発に携わるマーケター、元コンビニバイヤー、元コンビニ店長、現コンビニアルバイター、「浜松市やらまいか大使」(観光大使)など、さまざまな顔を持つ。フジテレビ『Live Newsα』レギュラーコメンテーター『ホンマでっか⁉TV』レギュラー評論家として活躍する他、スポーツ紙「東京スポーツ」に連載を持ち、ニュース・ワイドショー・新聞・週刊誌・ラジオなどのコメント・講演会・アドバイザリー・顧問業などでも幅広く活動中。趣味は「ドラゴンズ熱烈応援」「時折フルマラソン」「発展途上国の教育支援(ガーナ・ラオス)」。著書に『コンビニが日本から消えたなら』(KKベストセラーズ)

テキパキオ

テキパキオ

都内に住む30代サラリーマン。小学生のとき、母親の手伝いで料理に目覚め、兄の夜食を作るようになる。大学時代にはカジュアルイタリアンの厨房でアルバイト。就職後は自炊することがなかったが、3年前にアーティストとして働く妻と結婚して家事全般を担当。猛スピードで掃除洗濯をこなす様子から妻に「テキパキオ」と名付けられる。PB食品の食べ比べがスーパーの売り場徘徊が趣味。蛇口とシンクを磨くのが好きで、行きつけの飲み屋の閉店作業に加わりがち。

Twitter:@@tekipakio

最終更新:2020/10/12 13:00
12

ローソンから発売したレンジでチンする系ラーメン、札幌、喜多方、博多の麺を食べ比べ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真