日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 「アップルパイ味」も…“珍品ペヤング”3選!
5000食以上すすったカップ麺ライター激推し!

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した“珍品ペヤング”3選!!

文=オサーン

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像1 ペヤングは今年7月~8月に、「超超超大盛GIGAMAX」という、麺量がいつもの3.3倍という恐ろしい商品を立て続けに3つも発売し、カップ麺愛好家たちの度肝を抜きました。ただし、ペヤングはGIGAMAXシリーズのみならず、攻めの商品をたくさん発売しています。

 今回は、ペヤングの最近発売された商品の中から、珍品と呼ぶべき3商品をご紹介します。なお、おいしさをおすすめするわけではないのであしからず。

もはや狂気の沙汰!! なぜ宇宙にアップルパイが?
「ペヤング アップルパイテイストやきそば」

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像2
「ペヤング アップルパイテイストやきそば」(2020年9月21日発売)

 最初にご紹介するのは、「ペヤング アップルパイテイストやきそば」205円(税別)。2020年9月21日に発売された商品です。カップ焼そばにアップルパイ? なぜ? 店頭で見かけた方には、2度見どころか100度見くらいしてしまった方も多いのではないでしょうか。パイなら他の味だってあるのに、なぜわざわざアップルパイを選んだのでしょうか。

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像3
パッケージにデカデカと描かれたりんごの絵

 ここからは筆者の勝手な憶測ですが、新型iPhoneの発表があるのではないかと騒がれた米Appleの発表会が9月半ばにあったので、カップ焼きそば界にも「Apple」の新商品が登場! 的なウケを狙ったのではないでしょうか。そう考えると、宇宙に浮かぶデカデカとしたりんごが、iPhoneのマークに見えてきませんか?

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像4
過去に発売されていたスイーツ系焼そばの面々

 ちなみに、カップ焼そばにスイーツ系の味を組み入れるという暴挙(?)は、カップ焼きそば界の得意とするところ。これまでも、ペヤングに一平ちゃん(明星食品)など有名メーカーが何度も製品化してきました(上記画像参照)。ただし、いずれの味もとてもおいしいとは言えないどころか、悪夢としてトラウマ化しかねないものばかり。ペヤングのアップルパイも、新たなトラウマを刻みつけるものなのでしょうか。

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像5
カップ焼そばなのに甘い香りが……

 さて、さっそく食べてみると……りんごの風味に加え、パイ生地の香ばしさやバターの味も感じられ、誰が食べてもアップルパイの味に仕上がっています。アップルではなく、しっかりアップルパイの味。ソースだけでここまでしっかりアップルパイの味を再現しているところに、芸の細かさやこだわりを見出せます。

 アップルパイ味ならば、こういうスイーツもありと思えたのかもしれません。でも、塩焼そば的な塩味もつけられているのです。いつものペヤングの麺に、塩味&アップルパイ風味を組み合わせた、変わり種すぎる塩焼そばなのです!

 アップルパイの味と塩味の不協和音と言ったら……これまでのスイーツ系焼そばにも負けないトラウマを刻んでくること間違いなし。なぜアップルパイ味に塩味を加えたのかと考えましたが、おそらくおいしくしようとしているわけではなく、今や罰ゲームの定番(?)と化している「ペヤング 極激辛やきそば」と同じような層を狙っているのではないかと推測しました。

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した珍品ペヤング3選!!の画像6
具にもりんごが入っている

 具として入っているのはりんごのみ。いつものペヤングのような大量のキャベツなどは入っていません。アップルパイに入っているものに比べるとシャキシャキ感が残った食感です。甘みはそれほどありませんが、酸味はしっかりとありました。アップルパイ味を盛り上げていますが、塩味との相性は良くないようで、バーモントカレーの隠し味として活きるりんご的な効果はなかったです。

123

衝撃の「アップルパイ味」も腹括って全力レビュー! 今年下半期に登場した“珍品ペヤング”3選!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

小津安二郎の嘘を美しく魅せる『晩春』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  長年...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真