日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 再結成を繰り返すSPEED

SPEEDが大人の事情で解散→再結成を繰り返す裏側 もはや事務所の救世主にもなれない?

文=日刊サイゾー

「大人の事情で解散→再結成を繰り返すSPEED もはや事務所の救世主にもなれない?」の画像1
SPEED…いつの時代の?

 1990年代後半に大人気だった女性4人組・SPEEDが、来年1月13日にデビュー25周年記念BOX『SPEED MUSIC BOX-ALL THE MEMORIES』(税別1万9,968円)を発売することを、一部スポーツ紙が報じた。

 SPEEDは、96年8月にシングル「Body&Soul」でデビュー。00年に解散するも、2度の再結成を経て08年に復活し、同年のNHK紅白歌合戦で9年ぶり4回目の出場を果たしたが、12年11月のアルバム『4 COLOS』のプロモーションを最後に、4人での活動を休止していた。

 今回のBOXは、全シングル、アルバム楽曲のオリジナル版を収めた全87曲入りのCD8枚組。収録曲を高音質のハイレゾ音源化したブルーレイ2枚、99年の千葉マリンスタジアム公演を初映像化したブルーレイ1枚を加え、秘蔵写真などで構成したビジュアルブックも封入。さらに、未発表曲「Affction」も収録しているという。

 「一度は解散したものの、所属事務所の“大人の事情”で再結成を繰り返していた。それでも、回数を重ねるごとにファン離れが進み、もはやセールスも思ったほど伸びていない。8年前に発売した『4 COLOS』でも、売り上げが2万枚ほどだった」(音楽業界関係者)

 メンバー4人のうち、島袋寛子はソロとして活動、16年の参院選で当選した今井絵理子は政治家に転身。上原多香子と新垣仁絵は結婚後にめだった芸能活動はしておらず、今回のBOXが発売されても、4人でステージに立つのは難しそうだ。

「所属事務所は、引退前の安室奈美恵が独立してから業績が悪化し続けている。そこで、強気の値段でSPEEDの売れるものをすべて詰め込んで売ることにしたようだが、もはや“救世主”となるほどのヒット作になるとは思えない。今後も周年のたびに同じことをしても、ファンがしらけるだけだろう」(芸能記者)

 もはやすっかり、過去のグループになってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/14 19:00

大人の事情で解散→再結成を繰り返すSPEED もはや事務所の救世主にもなれない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真