日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > チュート徳井の復帰に視聴者騒然

チュート徳井『今くら』復帰に歓迎ムードも「顔色悪い」「OPが暗すぎ」と視聴者が騒然

文=日刊サイゾー

チュートリアル・徳井義実

 昨年10月に税務申告漏れを指摘され、一定期間の活動自粛後、今年2月に芸能活動を再開させたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、10月14日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、約1年ぶりにレギュラー番組への復帰を果たした。

 視聴者からは「戻ってきてくれて嬉しい」「なんか泣きそうになった」と歓迎の声が続出したが、一方で「顔色悪くない?」「徳井さんのオープニングが暗すぎる」と心配の声も上がっている。

 番組冒頭、黒のスーツに身を包んだ徳井は「私自身の至らなさのせいでこの番組を1年間ほどお休みしておりました。改めて視聴者の方々、不快に思われた方々にお詫びしたいと思います。本当にすみませんでした。それから番組のスタッフの方、共演者の皆さんにも大変な迷惑を掛けてしまいました。本当に申し訳なく思っております」と神妙な面持ちで謝罪。

 その後「この1年間、自分のことを見直しまして、社会人として至らなかったことや未熟だったところ、だらしなかったところ、そういうところをしっかりと反省しまして、今後は納税に関すること、そのほかいろんな手続き、しっかりとやるべきことをやって国民の義務を果たしていこうと思っております。今日からこの番組、改めてゼロからの気持ちで参加させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」と約7秒間頭を下げ続け、そのまま番組がスタートした。

「薬物や不倫・女性絡みの騒動を起こしたタレントが芸能活動を再開させると、世間から厳しい声があがるものですが、徳井の場合は特殊なパターンが功を奏したのかもしれません。本来収める必要があった税金と追徴課税も昨年12月に納付済みで、徳井からしっかりと反省の色が見えたこともあり『徳井さんおかえり!』『徳井さんが戻ってきてくれて嬉しい』と温かく迎え入れた視聴者が多かったようです。

 ただ、緊張していたのか徳井の顔は若干こわばっており、さらに顔色も悪かったことから『大丈夫?』『徳井さんってこんな顔だったけ?』と心配する声で騒然となりました。この日、進行役として番組に参加していた今田耕司からも『もうちょっとお前明るい服装してこいや。反省感ですぎやて』とツッコまれていましたね」(芸能ライター)

 しばらくはアシスタントという立場で番組に参加することになった徳井。最初こそ「ガチガチに緊張しております」と恐縮していたが、「バリキャリ女子のプチ贅沢」としてスイーツが紹介されると、指原莉乃とともに大盛り上がりする場面も。そこら辺の女子よりも女子力が高い徳井のトークが久しぶりにさく裂し、「やっぱり徳井さんの女子トーク大好き!」「徳井さん、今くら復活おめでとう!徳井さんの女子トーク面白い!」と喜びの声が上がっていた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/16 06:30

チュート徳井『今くら』復帰に歓迎ムードも「顔色悪い」「OPが暗すぎ」と視聴者が騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真