日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > チュート徳井、河本コース一直線

視聴者の関心ゼロ!? チュート徳井、『旅猿』視聴率が前週と同じで「河本準一コース」一直線

チュートリアル・徳井義実

 もう“あの人は今”枠になった?

 昨年10月に東京国税局に約1億2,000万円の申告漏れを指摘され芸能活動を自粛していた、チュートリアルの徳井義実の完全復活計画が頓挫したようだ。

「徳井は8月26日放送の『東野・岡村の旅猿17』(日本テレビ系)で地上波復帰したのですが、まったく話題にならず。視聴率は1.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前週とまったく同じで。世間から関心を持たれていないことがわかってしまった。

 日本テレビは『旅猿』の反応を見て、レギュラーだった『しゃべくり007』に出演させ、さらには『今夜くらべてみました』『行列のできる法律相談所』への復帰に持っていく算段だった。しかし当面、地上波に呼ばれることはなくなりました」(テレビ関係者)

 かつてのレギュラー番組は徳井がいなくても影響はほぼゼロ。視聴者からの抗議を受けるリスクを負ってまで無理に復帰させる理由もない。前出のテレビ関係者が続ける。

「このまま次長課長・河本準一の二の舞いになりそうです。河本は2012年に実母の生活保護不正受給が発覚。8年経ってもかつての人気芸人のポジションには返り咲けていないままです。河本は全額返済し、ボランティア活動もしていますが、好感度は相変わらず低い。4月にYouTubeチャンネルを開設し、チャンネル登録者数が伸びなかったらピアスを開けると宣言しても見向きもされませんでした。こうした河本の窮状が徳井の未来と重なって見えます」

 写真誌で交際3年の恋人との2ショットを激撮されていた徳井。もし結婚を発表したとしても、今のままならスルーされそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/13 06:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed