日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『麒麟がくる』織田信長マネー政策の変遷

『麒麟がくる』“染谷将太版信長”が大盤振る舞い! しかし、そのしわ寄せ先は……織田信長マネー政策の変遷

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

織田信長の金策! 寺に取り立て、会合衆にも恩を仇で…

 ドラマで以前出てきた、いわゆる「内裏(だいり、いわゆる御所)」の壊れた壁の修理なども、信長が全面的に担当させられてしまいます。ほどなくして金銭的に余裕がなくなった信長が資金源として頼ったのが寺でした。神仏に冷淡といわれる信長らしいなぁと思いますが、たとえば法隆寺には1000貫文、石山本願寺には5000貫文などと多額の献金を強要しています。

 今井宗久など、堺の「会合衆(えごうしゅう)」たちにも、恩をあだで返すような振る舞いを早速しています。堺の町には2万貫文もの献金を課し、支払わせました。2万貫って、今回出てきた1千貫の20倍ですからね! 現在の貨幣価値で10数億円くらいです。ちなみに堺の前に、信長への献金を拒否した尼崎は、信長に焼き討ちにされています。……などと見ていくと、皆さんがイメージするような「信長=暴君」らしさが顔を出し始めていますね。

 信長は通常の義理人情には縛られず、自分が一番大事にしたいモノや人に一極集中で投資する実に割り切った人物であったように筆者には思われます。それが信長にとっては天皇家であったのは興味深いことですね。

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。2019年7月1日、新刊『愛と欲望の世界史』が発売。好評既刊に『本当は怖い世界史 戦慄篇』『本当は怖い日本史』(いずれも三笠書房・王様文庫)など。

Twitter:@horiehiroki

原案監修をつとめるマンガが無料公開中。「La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~」

最終更新:2020/10/18 11:00
12

『麒麟がくる』“染谷将太版信長”が大盤振る舞い! しかし、そのしわ寄せ先は……織田信長マネー政策の変遷のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真