日刊サイゾー トップ > 芸能  > マツコ・デラックス引退説のその後

マツコ・デラックスはこのままフェードアウトするのか? 業界内でも変化する評価

文=日刊サイゾー

マツコ・デラックスはこのままフェードアウトするのか? 業界内でも変化する評価の画像1
マツコデラックス

 10年にわたってレギュラーを務めていた『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を降板したマツコ・デラックス。今後は徐々にテレビでの仕事を減らしていくのではないかとも囁かれている。

「本人も当初はテレビ出演に積極的なわけではなかったと公言しています。あくまでも需要があったから出演しただけで、テレビにしがみつきたいといった思いはないということでしょう。ブレイクから10年くらいたって、人気のピークも過ぎて需要が減ってきたのも事実。そういった空気をマツコさんも感じているのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 マツコに対するテレビ業界内での評価が変化しているというのは間違いないようだ。番組制作会社幹部はこう話す。

「マツコさんがブレイクしたのは2009年前後なんですが、当時はそれまでにないキャラクターだったということで“物珍しさ”が先行していた部分もありました。歯に衣着せぬ毒舌を繰り出す姿がウケていたのも事実ですが、マツコさんもテレビ慣れするにつれて、毒の要素が薄まってしまった。ブレイク時の衝撃を知らない比較的若いスタッフなんかはマイルドになったマツコさんを見て、“何が面白いかわからない”と感じていたようです」

 芸能やスポーツ、地図、抜け道、都市、グルメなど、幅広い知識を披露することも多いマツコだが、その点についてもネガティブな意見は少なくないという。

「マツコさんは、いわゆるオタクやマニアといったタイプの人ではありません。だから、自分が好きなものについて好きなように語ることはできても、体系的な知識を持っているわけではないんですよね。マニアックな知識を持っている人とトークをさせても、噛み合わないことも多い。そして、あくまでも“自分の好み”が軸にある人なので、多少の偏見が混ざっていることもある。そういったところも微妙になってきていると思います」(同)

 また、テレビ業界で活躍するようになって10年以上の時間がたてば、周囲のスタッフもそれなりに入れ替わってくる。そういった変化もマツコの心境に影響しているようだ。

「マツコさんの番組は、基本的に“マツコさんが好きかどうか”がベースにあって成立しているものばかり。マツコさんも、気を許せるスタッフが相手じゃないと、機嫌よく仕事ができない。環境が徐々に変わっていく中で、マツコさんも居場所がないような空気を感じ始めたのかもしれません。おそらくこの感じだと、マツコさんのレギュラー番組は徐々に減っていく形になると思います」(前出・テレビ局関係者)

 テレビ業界に強烈なインパクトを残したマツコ・デラックスの時代も、終わりを告げようとしているのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/20 07:00

マツコ・デラックスはこのままフェードアウトするのか? 業界内でも変化する評価のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真