日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福士蒼汰、渡部、マツコ…週末芸能ニュース

福士蒼汰ドラマが爆死、アンジャ渡部に復帰の予感、損するマツコ…週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

福士蒼汰ドラマが爆死、アンジャ渡部に復帰の予感、損するマツコ…週末芸能ニュース雑話の画像1
福士蒼汰

記者I 今週はフジテレビからイヤ~な感じの話が続々と流れてきましたね。10月8日に行われた『でんじろうのTHE実験』(フジテレビ系)のロケで、トレンディエンジェル・斎藤司が背骨を圧迫骨折するなど全治3カ月の大ケガを負ったそうで、フジテレビは番組公式サイトで謝罪(参照記事)。しかし、情報の出し方などに問題があり、マスコミからも齋藤が所属する吉本からも叩かれているようです。

デスクH 公式のリリースで「今回の実験は、でんじろう先生の監修のもとに行ったものではございませんでした」って書いちゃったんでしょ(苦笑)。そりゃあ、安全の確認もしっかりした監修も行われてない実験で所属タレントがケガしたら吉本も怒るしかないわな。フジはバラエティのやらせ問題もあるし、制作会社とコンプライアンスのすり合わせしたほうが良いんじゃない?

記者I フジといえば、YouTuberのはるくんと婚約しているらしい久代萌美アナは、外資系企業の会長らとの接待要員に駆り出されているなんて話も(参照記事

デスクH フジテレビに限らずだけど、女子アナは接待に連れまわされるうちに変な遊びを覚えがちなんだよなぁ。テレビ局の社員もそれを含めた上でスポンサーと話しをしたりするし、お金を渡すのが問題の場合は物で釣ったりするらしいし。どちらにしろ婚約者がいるってわかっているのに接待要員に使うのはどうかと思うけどね。

記者I しかし、フジはバラエティだけでなくドラマも最近は不調ですね~。鳴り物入りの『ルパンの娘2』ですら初回の視聴率が7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)でしたし、関西テレビ制作で福士蒼汰主演の『DIVER-特殊潜入班-』は第4回が5.8%と危険水域に(参照記事)。

デスクH 研音所属の福士のバーターで山口真帆が投入されたけど、あまり盛り上がらず。改めて見ると福士が役柄にハマってない感じがするんだよな……。元から5回の放送予定だから、そんなに数字取れなくてもって目論見はあるんだろうけど。カンテレ制作のドラマは『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2017年)とか『シグナル 長期未解決事件捜査班』(18年)も面白かったのに。ついに“○○班”系ドラマで失調したのが悲しい。まあ、この調子だとフジから逃げ出すタレントやスタッフも多そうだね。

記者I “○○班”系ドラマなんてそんなの初めて聞きました(笑)。フジのドラマネタだと新春SPドラマ『教場2』のメイク姿を木村拓哉がインスタグラムに投稿して物議が(参照記事)。

デスクH 「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事に噛み付いた形のやつね。キムタクも意外とエゴサするのか、それともメイクさんに話題を振られたのか。まあ、竹内結子さんのことは否定しなかったと取るべきで、そのリアクションなのかもと。

123

福士蒼汰ドラマが爆死、アンジャ渡部に復帰の予感、損するマツコ…週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真