日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「宇垣美里」は完全スルー オスカーの退社ラッシュ

宇垣美里は完全スルー!? オスカーの退社ラッシュで世間は上戸&武井を心配中

文=日刊サイゾー

宇垣美里

 すでに世間からは忘れられている?

 モデルでタレントの森泉が、所属の大手芸能事務所オスカープロモーションを10月17日付で退社したことがわかった。

 オスカーは目下、所属タレントの退社ラッシュの真っただ中。忽那汐里、草刈民代、米倉涼子、岡田結実、ヨンア、リサ・ステッグマイヤー、長谷川潤、岸明日香、政井マヤ、堀田茜、紫吹淳、福田沙紀、剛力彩芽と、主力タレントの流出が途切れなくネット上をにぎわせている。

「オスカー創業者の娘婿が社長に就任したことが原因とされています。それまではIT企業のコールセンターでバイトのまとめ役をしていたとか、タクシードライバーやバイク便の配達員をやっていたという人物がいきなり事務所幹部となったのですから、社員やタレントが逃げ出すのも無理はない。実際、このような異常事態が続いているのに、対策をしている気配もない。誰も引き留めない代わりに、オスカーはすでに小芝風花の“ゴリ押し”一択にシフト。彼女の好意的な記事を書くと、オスカーの社員が『社長が褒めていました』と、わざわざ報告しに来るほどです」(芸能記者)

 ネット上では、共に夫がLDHに所属している上戸彩と武井咲や、ギャラの取り分でもめているといわれている藤田ニコルの去就について注目が集まっているが、オスカー騒動でまったく話題に上らないタレントがいるという。

「宇垣美里ですよ。19年にTBSアナからフリーに転身、鳴り物入りでオスカー入りした彼女ですが、今もってテレビのレギュラーが決まらない。主戦場だったイベントもコロナ禍で激減し、見かけるのは単発のBSやラジオのみ。最近、話題となったのは声優デビューやコスメ本の発売くらいで、地上波ゴールデンからは遠ざかるばかり。世間から『オスカータレント』として去就が心配されないのは、活躍レベルが“干されているわけでもないが、押されてもいない”という中途半端だからかもしれませんね」(芸能関係者)

 毒や闇を売りにしていた宇垣だが、早くもそのインパクトは薄れてしまっているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/20 15:00

宇垣美里は完全スルー!? オスカーの退社ラッシュで世間は上戸&武井を心配中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真