日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会  > ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【13】

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ「アメリカの抗議活動は白人女性に“ハイジャック”された」

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

ビル・バーが訴える ウォークカルチャーの危うさ「アメリカの抗議活動は白人女性にハイジャックされた」の画像1
Billburr写真/GettyImagesより)

 今回も10月10日放送された人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』で披露された作品から、アメリカ社会を考察する。前週のクリス・ロックに引き続き「ホスト」と呼ばれる司会はスタンダップコメディアンのビル・バーが務めた。

 ビル・バーは日本ではあまり聞き馴染みのないコメディアンかもしれないが、アメリカでは”Comedian’sComedian”(コメディアンに愛されるコメディアン)と評され、これまでシーンの中で非常に大きな影響力を持ってきた、玄人ウケする実力派。2007年にいち早く開設した自身のポッドキャストは、彼の代名詞として多くのコメディファンに聴かれている。

 彼の特色は怒りと皮肉に満ちたエネルギッシュなジョーク。忖度とは無縁なそのスタイルで度々物議と論争を呼んできた。自身を「典型的な白人男性」と称するビル・バーは、そのステレオタイプを時に全身に纏いながら、むき出しのことばで熱く観客に語りかけてきた。

 意外にも『サタデー・ナイト・ライブ』のホストを務めるのは今回が初めてという。後に自身のポッドキャストで振り返っていたように、本番前は極度の緊張に襲われていたという。アメリカでは伝統的に地上波テレビ放送での検閲が厳しく、Fワードなどの放送禁止用語や露骨な下ネタはご法度。そんな中で彼がどんなネタで攻めてくるのかと、多くのファンは期待していたに違いない。

 案の定、出だしからコロナウィルスに対する皮肉たっぷりのジョークで会場を沸かしてみせると、「こんなジョークを言っていたら、おそらく俺は“キャンセル”されちまうな」とボヤいた。

 差別に敏感な「ウォーク・カルチャー」と呼ばれる風潮が発展し、そのような発言をした人をボイコットしようという「キャンセル・カルチャー」が高まりを見せる現状に言及した。

 実際『サタデー・ナイト・ライブ』でも19年、新キャストとしてレギュラー出演が発表されたコメディアンが過去のツイートを掘り起こされ炎上し、番組側が急遽彼の出演を取りやめたという事例もある。

 そのような状況でビルは、その風潮の中にいる「白人女性」に牙を向いた。

「そもそもウォーク・カルチャーって、平等な機会を求める有色人種のための運動じゃなかったっけ? なのにいつの間にか白人女性が“ハイジャック”しちまったんだ。今や彼女たちがなぜか、抗議の最前線で叫んでる。こんなに白人女性が文句を言っているアメリカを、これまでの人生で経験したことがないよ」

 今年、広がりを見せた「ブラック・ライブス・マター」運動に参加した白人女性たちのことをジョークにしているとも取れるこれには、会場の観客も苦笑い。

12

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ「アメリカの抗議活動は白人女性に“ハイジャック”された」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真