日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『バイキング』"差別助長”企画、フジの末期症状

『バイキング』”差別助長”企画の深刻さを理解してない? フジテレビの末期症状

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『バイキング』差別助長企画の深刻さを理解してない?  フジテレビの末期症状の画像1
坂上忍

 13日放送のフジテレビ『バイキングMORE』(月~金曜・前11時55分)でリニューアル後に始まった企画『2時プロジェクト』(以下、2時プロ)が、またやらかしている。今回も、視聴者・出演者から総突っ込みされる内容だった。

 この企画は世の女性が「今知りたいこと、調べてほしいこと」に答えを出し、坂上忍ら“おじさん”出演者へプレゼンしていくというものなのだが、これまでも「イケメン100人に聞いた『あ、この女性料理下手かも』と思った瞬間」、「『Popteen』モデルのママはやっぱりキレイなの?」、「バリバリ働いている『女性社長』どんな恋愛してるの?」など絶妙にずれたテーマ選びで、視聴者からも「このコーナーいる?」と不評を買っている。

 この日も「40代なのに20代に見える女性、モーニングルーティンどんなことしてる?」というある意味”2時プロ”らしいテーマ。

 VTRではインスタグラムで探し出した3人の40代が登場したのだが、確かに3人とも若く美しい。しかし、20代に見えるかと言えば微妙なラインで、ネット上でも「誰一人20代に見えない」「20代に失礼」「20代は言い過ぎ」という声が相次いだ。

 また、3人とも立派な家に住んでいて、プチセレブ感が垣間見えたことから「美の秘訣は銭」「時間とお金にゆとりがあるのが前提」「お金と時間ある人見せられても」など“お金と時間をかけているから”という声もあり、視聴者との間に隔たりがあったようだ。

 スタジオに戻り進行役のブラックマヨネーズ小杉竜一(47)が「いやー3人とも40代には見えなかったですよね」とまとめたのだが、“20代に見えましたね”と嘘は言えなかったのだろう。

 タレントのミッツ・マングローブ(45)はそれを察したのか「20代にもそんなに見えなかったけど」と小杉と視聴者を代弁したコメント。ブラックマヨネーズ吉田敬(47)は「32、3にはマジに見える!」と正直に発言。確かに“40代に見える30代”であればもうちょっと納得の行く企画だったかもしれない。

 ネット上では「年相応で良いのに」「若く見える必要ない」「年相応にきれいな人で良い」と、若く見られることを是とすることに疑問視する声も上がっている。

 このコーナーを見ていると、女性は料理ができなければいけない、恋愛結婚をしなければいけない、何歳になっても美しくなければいけないという、典型的な古い価値観を押し付けているようだ。

 意図してやっているのか、気が付いていないのか、どちらにしてもヤバいのだが、いったいいつまでこのコーナーは続くのだろうか。

最終更新:2020/10/13 20:40

『バイキング』”差別助長”企画の深刻さを理解してない? フジテレビの末期症状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真