日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会  > クリーンな芸人も思わず「フ○ック!」と叫ぶ トランプ大統領が怒らせたコメディアン
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【9】

クリーンな芸人も思わず「フ○ック!」と叫ぶ トランプ大統領が怒らせたコメディアン

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

クリーンな芸人も思わず「フ○ック!」と叫ぶ  トランプ大統領が怒らせたコメディアンの画像1
ジム・ファフィガン(写真/Brad Barket 「Getty Images」より)

 現在アメリカではコロナウィルスの影響で多くの州でコメディクラブが閉鎖され、未だに再開の目処が立っていない。一部の州では試験的に週末に営業を再開したが、密を避けるため劇場の観客上限を従来の50%に制限するなどの対策を取っている。コロナ以前と比べると、なんとも寂しいのが現状だ。
 その一方で好調なのがNetflixやAmazon Primeなどの動画配信サービス。これらを利用してリビングにいながらスタンダップコメディを享受する人が増加した。

 そんな中で、ここ数年アメリカのスタンダップコメディ界で顕著なのが、“クリーン・コメディ”の台頭だ。極端に差別に敏感な”woke culture”(ウォークカルチャー)の中で、炎上を避け、攻めすぎない笑いを目指すのがひとつの潮流となっている。伝統的に規制の厳しいテレビだけでなく、本来は「大人の娯楽の場」でもあるコメディクラブにおいてもその流れは顕著で、当たり障りのない”あるある”ジョークや人間観察に根ざしたネタが急激に増した印象だ。

 その旗手とも言えるのがジム・ガフィガン。デビュー当初から一貫して“クリーン・コメディ”を体現してきた。具体的には、露骨な下半身ネタや”フ○ック”などの汚い言葉は用いないだけでなく、多くのコメディアンが扱う政治的なジョークもほとんど言わないスタイル。それでもこれまで5回グラミー賞にノミネートされるなど確かな実績を残し、世界中でツアーも成功させてきた。2019年には来日公演も果たし、チケットが即日完売となったことは記憶に新しい。
 そんな彼の最新作が先日Amazon Primeから発表された。タイトルは”Pale Tourist”(邦題は『世界は驚きに満ちている』)

”白い旅人“というタイトルの通り、典型的なアメリカ白人男性の彼が世界ツアーを行なう中で体験したエピソードを面白おかしく語っていくという構成で、カナダ公演ではご当地ネタ満載で観客の心をつかみ、満員の劇場を温かい笑いに包み込んだ。
 本作は「アメリカ人から見たカナダ」という切り口で、ジム自身から見たカナダのおかしさを笑いに変えていくのだが、結果的にアメリカという国をジョークにするという落とし所に帰着している。

 例えば「カナダの代表的な食べ物といえばプーティン(フライドポテトにチーズとグレイビーソースを豪快にかけたもの)だよね。よくあんなにも体に悪そうな物を集合させたよね。あ、でも君たちは医療保険があるからいいのか」と、一向に国民皆保険の進まぬアメリカを皮肉り、「対してアメリカはダンキンドーナッツの店舗が多すぎるんだ。ワンブロックごとにあるもんだから、車の”止まれ“のサインかと思っちゃったよ」とまくし立て、会場はどっと湧いた。
 こうした柔らかな笑いを安定して提供し続けるジムだが、そのパフォーマンスを見ると、声色、マイクの使い方、表情、上下(かみしも)の切り方、立ち姿などにスタンダップコメディアンとしての細かな技術が凝縮されている。ベテランコメディアンとして培った豊かな経験と才能を垣間見ることができる。

12

クリーンな芸人も思わず「フ○ック!」と叫ぶ トランプ大統領が怒らせたコメディアンのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真