日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤綾子、フジの囲い込みで頭抱える状態に

加藤綾子、『Live News イット!』不振も…フジ上層部の強引な囲い込みで頭抱える状態に

文=小林真一(こばやし・しんいち)

加藤綾子、『Live News イット!』不振も…フジ上層部の強引な囲い込みで頭抱える状態にの画像1
カトパン。

 フジテレビを退社してからも、なぜかフジテレビでばかり見かける加藤綾子。それもそのはず、夕方のニュースを担当していることで、出演時間は社員時代よりも大幅にアップしているからだ。

 しかし、肝心な出演番組である『Live News イット!』が低視聴率を記録し続けている。

「今年の10月に大幅なリニューアルを行ったのですが、視聴率は低迷したまま。良い日でも4%台後半と他局からは完全に相手にされていません。若者向けに様々な企画などを展開しているのですが、そもそもこの時間帯は中高年しか見ていない現状で、的外れだと言われています」(民放関係者談)

 放送枠を拡大してまでのリニューアルだったが、失敗の原因をMCの加藤綾子が押し付けられてしまっているようだ。

「業界内では、ニュース番組の視聴率はMCの人気に左右されるといわれていますが、特に加藤綾子の場合はそう言われてしまうゆえんがある。もともとフジテレビ在籍時代もアナウンス力が高いほうではなかったのですが、局の上層部に気に入られていたことでフジテレビの顔としてバラエティ番組に引っ張りだこでした。結果として大物司会者の横で進行をするのは上手なのですが、メインでトークができるほどの知識も技術もない状態です」(民放関係者談)

 そんな加藤には、当然として現場から厳しい意見も出ているという。フジテレビ関係者が話す。

「カトパンは愛嬌もあってフランクなのでスタッフからも人気が高いのですが、ここ数カ月で変わってしまいました。というのも、局の上層部がカトパン用に専用のデスクをつけて、打ち合わせやスケジュールの調整もそこを通すようになった。結果として、現場スタッフと距離ができてしまいました。そのデスクも、上司から『カトパンが好きなことができるようにサポートせよ』と命じられていて、もはや誰も意見ができない状態になっています。最近では、取材VTRにも意見をするようになったのですが、的外れな発言が多いこともあって、不満の声がもれています」

12

加藤綾子、『Live News イット!』不振も…フジ上層部の強引な囲い込みで頭抱える状態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真