日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 芦田愛菜が演じる細川ガラシャは何者か?

芦田愛菜が演じる『麒麟がくる』細川ガラシャ“美人説”はどこからきたのか? その歴史を紐解く

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

ガラシャ=美人説は読者ウケを狙っただけ?

細川忠興はガラシャの知性に惚れたのか、それとも美貌に惚れたのか…(細川忠興像/永青文庫蔵)

「イエズス会の関係者によるガラシャが美女だったという証言はどこかにあったはず」と思う読者もいるかもしれません。しかし、それを書いたのはガラシャが亡くなってから18年後、1618年生まれのジャン・クラッセなのですね。

「ガラシャは夫に反抗的な妻だったが、彼女があまりに美しかったので細川忠興は彼女と離婚できなかった」

 という、読者もどこかで読んだかもしれないストーリーを最初に書いたイエズス会関係者は、このジャン・クラッセなのです。

 ちなみに日本でガラシャの設定が美女になったのは、江戸時代中期の歴史小説『明智軍記』が最初といわれます。当時の鎖国中で、宗教関係の書物の輸入はとくに禁止ですから、イエズス会関係者であるジャン・クラッセの書物に影響を受けたとは考えにくく、ガラシャ=美人説が日本で生まれた理由はわかりません。

 ただ、クラッセがガラシャを美女にしたのは、読者ウケを狙ってのことなのではないかと邪推してしまいます。「信仰心あつき悲劇の美女」という、当時のヨーロッパの読者層から好まれやすい設定にして、同情を集めたかったのだと推察されます。おかげでジャン・クラッセの著作『日本西教史』はヨーロッパでも長きにわたって読まれることになりました。

 あえて問いますが、生前“なぜ”ガラシャは美女だといわれなかったのでしょうか? 宣教師は女性の表面的な美には興味がなかったからでしょうか。現代でも男性がとくに親しくもない女性に「かわいいね」「きれいだね」などというとセクハラになる可能性がありますが、そういう類の用心をしたからでしょうか。

 いずれも違います。

 後にガラシャの洗礼にもかかわることになる、グネッキ・ソルディ・オルガンティーノというイエズス会関係者がいます。彼は司祭ですから、洗礼を授けることができます。

 このオルガンティーノの報告(1588年3月)では、ガラシャの「侍女頭」で、彼女よりも先に洗礼を受け、クリスチャンになったルイザは「美貌の持ち主」だと明記されているのです(ちなみにオルガンティーノによると細川忠興は、ルイザに強い関心を示していたとか)。

 ううむ、当時のヨーロッパ人宣教師の目にも、ちゃんと美しいアジア人のことはそうだと「わかる」ようですね。ルイザの容貌は美しいとされるのに、あくまで知性しか褒められないガラシャ。彼女は、本当に美女ではなかったのでしょうか?

 しかし、それも違うと筆者は考えています。次回に続きます。

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。2019年7月1日、新刊『愛と欲望の世界史』が発売。好評既刊に『本当は怖い世界史 戦慄篇』『本当は怖い日本史』(いずれも三笠書房・王様文庫)など。

Twitter:@horiehiroki

原案監修をつとめるマンガが無料公開中。「La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~」

最終更新:2020/10/25 11:00
12

芦田愛菜が演じる『麒麟がくる』細川ガラシャ“美人説”はどこからきたのか? その歴史を紐解くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

新進気鋭の研究者が語る情報社会の今後

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサ...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真