日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 福留がついに阪神追放!

福留がついに追放! 阪神ベテラン去就の「待遇格差」で能見にも注目が

福留がついに追放!  阪神ベテラン去就の「待遇格差」で能見にも注目がの画像1
(写真/GettyImagesより)

 プロ野球、阪神タイガースの大ベテランの福留孝介選手が今シーズン限りでの戦力外通告を受けていたことが報じられた。

 22日までに各スポーツ紙などでは、福留が球団側から来季の編成で構想外であることが伝えられたといい、本人は現役を続けるべく退団する可能性が高いという。

「今年は年俸1億3000万円(推定)に見合った働きをしておらず、球団は躊躇せずにクビを切った。もちろん、球団幹部をはじめ矢野燿大監督の承諾も得ており、完全に追い出された格好です」(スポーツ紙プロ野球デスク)

 だが、早すぎる阪神の決定にプロ野球界内では、指導者不足を懸念する声が挙がっている。

「阪神は2019年もベテランの鳥谷のクビを切りましたが、半ばケンカ別れのような形でロッテに移籍された。世間のイメージはもちろん、球界内における阪神のベテランに対する処遇の下手さは有名で、自ら引退を申し出た選手だけは手厚くフォロー。派手な引退試合やセレモニーはもちろん、ロイヤルティがたくさん入る引退記念グッズも制作されます。この待遇の差が他球団と比べて、あまりに酷すぎるのではないかともっぱらですよ」(同)

 チームは22日におこなわれたホームでの広島戦に敗れて貯金1のリーグ3位。ある球団関係者は「今年はコロナ禍で年俸の高いベテランは肩たたきに合いやすいが、阪神は矢野監督の去就も、実は微妙だという状況がある」と、今後もストーブリーグの火種がくすぶっていることを強調する。

 投手では最年長だった能見篤史投手も同日、退団することを公式に表明するなど動きが慌ただしくなるなか、今後の動向から目が離せないだろう。

 

最終更新:2020/10/24 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed