日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 今オフは阪神に大粛清の嵐

阪神に今オフ大粛清の嵐か……“ケチ虎”復活で15億円コストカットも視野に

文=日刊サイゾー

阪神に今オフ大粛清の嵐か……ケチ虎復活で15億円コストカットの画像1
公式サイトより

 どんな商売であれ、実入りが減れば、経費を削るのは当たり前。憧れの職業のプロ野球選手も、今オフは厳しい冬を迎えることになりそうだ。

 コロナで開幕が遅れ、11月までシーズンが続く2020年のプロ野球。だが、セ・リーグに関しては、そこまでやる必要がないほど結果は見えている。各チームとも残り20試合ほどの状況で、2位とのゲーム差は10以上。独走を許した大きな原因を作ったのが阪神だ。対巨人戦は6勝14敗と、8つの負け越しを献上した“ダメ虎”には、大粛清が待ち構えている。

「12球団の中でも主力の年齢がとりわけ高いのが阪神。今季の開幕戦のスタメンには1番の糸井(嘉男)が38才(開幕時点)、5番の福留(孝介)が43才と、野手にアラフォーが2人もおり、世代交代は急務です。福留は打率が1割台ですから引退は確定的。糸井もHRが2本では話になりません。福留の年俸(推定。以下同)が1.3億、糸井が4億、さらに引退を発表している藤川球児が2億ですから、この3人だけで7.3億円もコストカットできます」(熱狂的な阪神ファンのスポーツジャーナリスト)

 福留に関しては、規則を破って会食をしてコロナに感染しており、「晩節を汚した」としか言いようがない。さらに、これ以外にもまだまだクビ候補はいる。

「投手陣では、能見(篤史/9500万)が41才で、防御率が5点台ですから、引退が濃厚。37才の岩田(稔/3800万)は登板がわずか4試合、38歳の中田(賢一/3500万)に至っては3試合ですから、こちらも有力な肩叩き候補です。野手では上本(博紀/4800万)、俊介(3200万)、伊藤隼太(1800万)あたりは厳しそう。外国人選手は、ガルシア(1.6億)とマルテ(1.4億)はほぼクビ確定。微妙なのがボーアで、チーム2位の16本塁打を打ってはいますが、2.75億という年俸を考えると物足りなく、当落線上です」(同)

 よくもまあ、ここまで不良債権を抱えたものかと感心するばかり。名前の上がった選手の年俸をすべて足すと、その額は15億円以上に達する。“そこまでやるか”という声もありそうだが、そこには阪神というチームの特殊な体質がある。

「勝たないと客が入らないほかの球団とは違い、阪神は黙っていてもお客が入りますし、これまでは、阪神と阪急という巨大な資本をバックに、ある程度自由にやってこれた。コロナで親会社の電鉄も百貨店も売り上げはボロボロです。球団の入場料収入も激減しており、“子会社”といえどもコストカットは急務といえそうです」(週刊誌の野球担当記者)

 虎も風邪を引きそうな寒風が吹き荒れそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/16 14:00
関連キーワード

阪神に今オフ大粛清の嵐か……“ケチ虎”復活で15億円コストカットも視野にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真