日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ドラマ『共演NG』で思い出される珍タブー

ドラマ『共演NG』で禁断のCM共演に絶賛の声! 「カローラⅡにのって」「ロッテドラフト」…思い出される珍タブー

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ドラマ『共演NG』で禁断のCM共演に絶賛の声! 「カローラⅡにのって」「ロッテドラフト」…思い出される珍タブーの画像1
番組公式サイトより

 斬新な試みが話題を呼んでいる。

 10月26日に放送された中井貴一と鈴木京香が共演するドラマ『共演NG』(テレビ東京系)の平均視聴率が6.6%を記録。同枠の初回としては歴代1位の好発進となった。

 企画・原作は秋元康氏で、脚本・監督は映画『モテキ』の大根仁監督。25年前に破局し、共演NGGとなった大物俳優・遠山英二(中井)と人気女優・大園瞳(鈴木)によって展開される“大人のラブコメ”となっている。

「業界のタブー」がテーマのドラマとあって、放送の最後には“ある仕掛け”が施され、視聴者を驚かせたという。

「番組最後の提供クレジットに飲料メーカーの『キリン』と『サントリー』が1画面に並び、『この番組はキリン、サントリーの提供……ん? キリンとサントリー? この番組は、どうにか共演OKになったキリンとサントリーの提供でお送りしました』というナレーションが流れました。ライバル社同士が提供クレジットの1画面に収まるのは異例で、エンドロール終わりには、キリン『一番搾り』、サントリー『モルツ』『金麦』とビールのCMが立て続けで流れました」(テレビ誌ライター)

 こんなまさかのコラボにネット上では、「テレ東尖ってるな」「OK出した2社の好感度上がった」と反響も大きかったようだ。

 ライバル関係との共演NGは言うまでもなくタブーとされるが、中にはこんな例もあった。

「90年代に『カローラⅡにのって』がトヨタのカローラⅡのCMソングとして作られました。当時、『渋谷系の王子様』と言われ、人気絶頂だった小沢健二が歌唱。シングルカットされ、同曲はオリコン2位に入る大ヒットとなりました。歌いだしも『カローラⅡにのって』ですが、日産がスポンサーの歌番組でランクインした際には、この曲だけ何の説明もありませんでした」(音楽ライター)

 また、スポーツ紙記者はこんなトリビアを披露する。

「プロ野球のロッテは50年あまり、ドラフトで一度も明治大学からの直接指名がありません。明治大出身の選手はいるのですが、明大とお菓子メーカーの『明治』は関係ないのですが、おそらく『ロッテ』『明治』と並ぶのがNGなのでしょう」

 ドラマが話題になるたびに、さまざまな“共演NG”が発掘されそうだ。

最終更新:2020/10/29 14:49

ドラマ『共演NG』で禁断のCM共演に絶賛の声! 「カローラⅡにのって」「ロッテドラフト」…思い出される珍タブーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真