日刊サイゾー トップ > 芸能  >  突然のアシスタント交代劇でさんま大打撃!

明石家さんま大打撃! 突然のアシスタント交代劇で局アナにも「身辺調査」必須か?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

明石家さんま大打撃! 突然のアシスタント交代劇で局アナにも「身辺調査」必須か?の画像1
明石家さんま

 明石家さんまの冠番組『痛快!明石家電視台』(毎日放送)の新アシスタントに、2020年新人の山崎香佳アナウンサーが担当することが先日、発表された。

 同番組の8代目アシスタントを務める山崎アナは、憧れのタレントとの共演に喜びを感じながらも「私に務まるのか」という不安の両方を抱えての船出となるようだが、同局関係者は「完全に苦肉の策。さんまさんも優しく育ててくれたらいいのですが……」と心配顔だ。

 その理由はやはり、2018年11月からアシスタントを務めた辻沙穂里アナウンサー。彼女は、プロ野球・読売ジャイアンツの山本泰寛と入籍し、すでに妊娠中であることが判明したばかりだという。その結果、突如10月12日の放送分で“卒業”という名の番組降板となった。

「MBSの看板番組をやっていたのに、いきなりデキ婚で番組を辞めることは今まで聞いたことがありませn。さんまさんへの報告もかなり後からだという話で、幹部が相当フォローしたと聞いています。山崎アナはそういう不義理はやらないと思うが、こんな状況では局アナですら番組起用にあたって“身辺調査”が不可欠にならざるを得ない。イレギュラーなことが起こるたびに、番組降板となれば穴が開いてしまいますからね」

 とはいえ、おめでたい話を“不義理”にしてしまうあたり、やはりテレビ局の体質は推して知るべし。辻アナには是非とも幸せになってほしいと思う半面、女子アナへの風当たりはしばらくの間厳しくなるのは間違いない。

最終更新:2020/11/02 10:00

明石家さんま大打撃! 突然のアシスタント交代劇で局アナにも「身辺調査」必須か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

ケンコバ「この番組はヒットしない!」

 絶対に観ない方がいいと言われたら観たくなるのが本能。『ほんトカナ!?ケンドーコバヤ...
写真