日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > マツコ『ホンマでっか』降板

さんまとの相性が!? マツコ、10年間レギュラーだった『ホンマでっか!?TV』降板のワケ

文=日刊サイゾー

マツコ・デラックス

 マツコ・デラックスが約10年にわたってレギュラーを務めていた『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を今月16日放送回をもって電撃卒業して話題となっている。

 同日の番組エンディングで、テロップとナレーションにより「マツコ・デラックスさんは今日の放送で『ホンマでっか!?TV』を卒業します。約10年間ありがとうございました」と報告された。

 一部では、マツコが新型コロナウィルスの感染拡大の影響により以前から意識していた“テレビ終活”に拍車がかかったという話や、同番組の総合演出が代わった影響といった話も取り沙汰されている。そんな中、バラエティー番組を手掛ける放送作家はこう語る。

「最大の理由は明石家さんまさんとの“相性”と言われています。別に仲が悪いとか、喧嘩したとかではなく、以前からどうもトークのテンポがかみ合わないと感じていたようです。さんまさんは機関銃のようなテンポの速い軽妙なトークを得意としていますが、マツコさんは時にはじっくりと間をとったり、沈黙や表情で自身の意思や感情を表現するタイプですからね」

 ともにテレビタレントとしては超一流同士で、お互いの実力は認め合っているものの、相性という点ではけっしてベストな関係ではなかったようだ。

「実際、さんまさんがマツコさんと絡みにくいと言っていたという話やマツコさんがさんまさんの話している内容が聞き取れないとコボしていたという話も業界内では噂されています。もちろん、プロ意識の高い2人ですし、さんまさんは何とかマツコさんの良さを引き出そうと、マツコさんはメインMCのさんまさんの邪魔をせずに番組を盛り上げようと苦心はしていたんでしょうけど……。

 あの番組に関しては、正直言って以前からマツコさんがかなりさんまさんに遠慮していて、他の番組ほど魅力や切れ味が発揮されていないなとは思っていました。そうした中、番組の10年目の節目ということもあって今回“卒業”という道を選んだのではないでしょうか」(同放送作家)

「両雄並び立たず」という言葉もあるが、10年もっただけでも御の字といったところか!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/27 21:00

さんまとの相性が!? マツコ、10年間レギュラーだった『ホンマでっか!?TV』降板のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真