日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐の後継者は美 少年か!?

嵐の後継者は美 少年か!? “アラフェス”ゴリ押し出演でファンから反感も、プロモーション大成功

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

嵐の後継者は美 少年か!? アラフェスゴリ押し出演でファンから反感も、プロモーション大成功の画像1

 11月3日、嵐のオンライン公演「アラフェス 2020 at 国立競技場」(以下、アラフェス)が配信された。アラフェスは、事前にファンから見たい曲を投票させ、人気があった曲を歌うという“ファン感謝祭”的な催し。ファンと嵐5人だけで楽しもうという趣旨のため、これまではジャニーズJr.をバックにつけることもなかった。

 しかし今回は、ジャニーズJr.ユニットの『美 少年』などがバックにつくことが事前に発表された。すると「最後のアラフェスを邪魔するな」「ジャニーズJr.のゴリ押しウザい」と保守的な嵐ファンから大バッシングが起こったのだ。

 こうしたファンからの批判を察してか、発表後に櫻井翔が自身のブログで「2008年には、新藤が。2009年の公演には、那須が。浮所が。」と、出演するJr.が入所前にアラフェスを見に来ていたとコメント。本当に嵐を好きでいてくれる少年たちがバックにつくのだから叩かないでくれ……という火消しの意味が込められていたのかもしれない。

 思い起こせば、ジャニー喜多川はその時その時で気に入った少年を、ゴリ押しする癖があった。2014年の『NHK紅白歌合戦』、Sexy Zoneのバックで出演したのは、当時ジャニーによって推しに推されていた関西ジャニーズJr.の永瀬廉と平野紫耀(現King&Prince)。デビューもしていない2人が肝心のSexy Zoneを差し置いてドアップで映り込み、ファンをざわつかせたことは語り草になっている。

 また、Sexy Zoneのデビューコンサートで、お気に入りのJr.を紹介するコーナーに長く尺がとられたこともあった。デビューするグループには興味がなくなり、新しいジャニーズJr.をガンガンお披露目してきた無邪気なジャニー。結果、ファンが飽きずに新しい推しを見つけ、沼にハマる……といったことも多かったので、ある意味ではいい戦法になっていたのかもしれない。

 そんなジャニーイズムを継承してか、嵐の最後のライブという大舞台にねじ込まれたジャニーズJr.。嵐ファンからしてみれば、「なんで最後のライブに?」と文句も言いたくなるだろう。しかし、嵐の活動休止後も、ファンには新しい推しを見つけてもらいたい、だからアラフェスでジャニーズJr.を紹介したい、そんな事務所の焦りもあったのかもしれない。

12

嵐の後継者は美 少年か!? “アラフェス”ゴリ押し出演でファンから反感も、プロモーション大成功のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真