日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 元SMAP・森の祝勝会開催でキムタク“蚊帳の外”か

元SMAP・森の祝勝会開催でも“蚊帳の外”になりそうなキムタク…再結成への遠い道

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

元SMAP・森の祝勝会開催でも蚊帳の外になりそうなキムタク…再結成への遠い道の画像1
森くん。

 元SMAPメンバーで現在はオートレーサーの選手として活動している森且行が3日、埼玉県川口市の川口オートレース場で開催された「第52回SG日本選手権オートレース」で初優勝を飾った。

 森の優勝を受け、「新しい地図」として活動する稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が連名で、中居正広は個人事務所、木村拓哉はジャニーズ事務所を通してそれぞれ、祝福コメントを発表。

「今や、5人とも3つの事務所に別れているが、『新しい地図』に中居が呼応。乗り遅れたのはキムタクだったが、世間体を気にしてか『それぞれの選んだ道で、それぞれが掴むもの。今後も健闘を祈ります』と素っ気ないコメントを発表した」(芸能デスク)

 そんな森の優勝から2日後の5日、香取は都内で行われたファミリーマート『ファミクリをヨヤクリ! 2020』の発表イベントに出席。各スポーツ紙によると、クリスマスの過ごし方を聞かれると「久しぶりに連続ドラマをやるので、その現場でキャストの皆さんとケーキを食べているかな」とコメントした。だが、報道陣の反応がイマイチとみるや言い直し、さらにその反応もイマイチだったため、「最近、日本一になった仲間と一緒にクリスマスパーティーをしたい!」と森の件に触れ、会場をわかせたという。

「おそらく、今後、元メンバーたちで森の祝勝会を開催するのでは。そこで思い出すのが、SMAPが解散した2016年のおおみそか。都内の高級焼肉店に稲垣、草なぎ、香取、そして当時、ジャニーズだった中居がそろったうえ、森も駆けつけた。にもかかわらず、キムタクは呼ばれなかったので、祝勝会にも呼ばれることはないだろう」(芸能記者)

 このままだと、たとえ一夜限りでもSMAPの再結成はなさそうだ。

最終更新:2020/11/07 17:00

元SMAP・森の祝勝会開催でも“蚊帳の外”になりそうなキムタク…再結成への遠い道のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真