日刊サイゾー トップ > 芸能  > 草彅剛主演映画の監督に物議

草彅剛主演『ミッドナイトスワン』好評も監督の発言に物議「SNSでインテリ気取りが議論するだけ」

文=日刊サイゾー

草彅剛主演『ミッドナイトスワン』好評も監督の発言に物議「SNSでインテリ気取りが議論するだけ」の画像1
『ミッドナイトスワン』公式サイトより

 草彅剛の主演映画『ミッドナイトスワン』が9月25日に公開された。本作は草彅が初めてトランスジェンダーの役柄を演じるとあって公開前から「どうなるのか」と話題になっていた。

 封切り後の作品を観た客が「涙なしには見られなかった」「間違いなく草彅の代表作になる」といった絶賛をSNSに書き込む一方で、セクシュアル・マイノリティという繊細な問題を扱う作品だけに、劇中の描写に違和感を持ったという感想もあがっている。

「ジェンダーや貧困と言った極めて“今っぽい”テーマを扱っているので、議論が起こるのは当然のことだと思います。お話自体の受け止め方は人それぞれです。ただ、トランスジェンダーの主人公があまりにも悲惨な目に遭うので、それはちょっと露悪的なんじゃないかといった意見や、特定の国の医療技術やトランスジェンダーの置かれた背景を考慮していないのではないかといった意見も出ていますね」(映画雑誌ライター)

 こうした批判的な感想を受けてか、本作の脚本・監督を務め、過去にはNetflixで大ヒットを記録した『全裸監督』の監督でもある内田英治氏がツイッターで反論をしたのだが、これがまた新たな火種となってしまったようだ。

「多様な意見がある。素晴らしいこと。人の数だけ意見が富んでる。素晴らしいこと。でも自分の映画を社会的にはしない。これは娯楽。娯楽映画で問題の第一歩を感じれればいい。社会問題は誰も見ない。映画祭やSNSでインテリ気取りが唸り議論するだけ。なので娯楽です。多くの人に観てほしい。それだけ」

 この内田監督のコメントに映画ファンからの苦言が続出。SNS上でも「いったい誰のことを指してインテリ気取りと言ってるの」「作品を見て議論しちゃいけないの?」「社会的視点と娯楽性は両立すると思う」などの意見が散見される。

12

草彅剛主演『ミッドナイトスワン』好評も監督の発言に物議「SNSでインテリ気取りが議論するだけ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真