日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  >  渡部建やはり離婚か?

渡部建やはり離婚か? 佐々木希にのしかかる不倫バブルの後遺症

文=小林真一(こばやし・しんいち)

 渡部建やはり離婚か? 佐々木希にのしかかる不倫バブルの後遺症の画像1
佐々木希

 “多目的不倫”で活動自粛中のアンジャッシュ渡部建。妻の佐々木希が、離婚をせずに夫を支えていくことを表明をしてから、各メディアで取り上げられ仕事も増えているという。

「民放各局も、当初はイメージが悪すぎる渡部を支えるという佐々木の起用に、尻込みしていました。しかし、出演する番組の視聴率が好調でいまなおオファーが止まない状態となり、“不倫バブル”とも言える状態になっています」(民放関係者談)

 ところが、いくつかの問題も起きているという。

「そもそも、佐々木希はそのビジュアルで芸能界を駆け上がってきただけで、トーク力があるわけでも演技力があるわけでもない。本人もそれをわかっていて、バラエティや情報番組でも頑張ってコメントをしようとするのですが、なかなかうまく使えるものがなく、けっこうカットされている。正直にいえば制作側も夫の不倫を扱いたいのが本音ですが、流石に事務所サイドからNGが出てしまい、結局扱いに困っています」(民放関係者談)

 さらに、同じ「不倫枠」でもライバルが出現してしまった。

「東出昌大と離婚をした杏は、謝罪をして再構築をしようとした東出を突き放し、離婚を成立させたことで高感度がアップしました。CMスポンサーも強い女性のイメージがついた杏を使いたいと、離婚前よりもCM契約料が上がっているそうです」(週刊誌記者談)

 離婚で人気を上げた杏に対して、佐々木の今後は厳しくなりそうだという。

「渡部が介護士資格を取得したというニュースが一部メディアで報じられ、当の介護関連従事者からSNSを中心にクレームが相次いだ。この資格取得は事実無根だったようですが、渡部が自身の活動を世間に公表できない状態が続いているので、こういった憶測報道が飛び交ってしまう。これが、佐々木の活動にも影響しています。CMスポンサーからは、渡部の動向がわからないうちは使いたくないとの以降があるんです」(広告代理店関係者談)

12

渡部建やはり離婚か? 佐々木希にのしかかる不倫バブルの後遺症のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真