日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > スタッフがメロメロ!吉高由里子のスキンシップ術

スタッフがメロメロ! 吉高由里子がコロナ禍で始めた新たな“スキンシップ必殺技”とは?

文=日刊サイゾー

吉高由里子

 妻夫木聡主演のドラマ『危険なビーナス』(TBS系)第5話が11月8日に放送され、平均視聴率は10.9%を記録。5話連続で2桁超えと好調をキープしている。

「危険なラブサスペンス」を謳う同ドラマで、とりわけハマリ役と評判なのが、小悪魔な“謎の女”を演じる吉高由里子だ。現場でも彼女に魅了されている人が続出している。

「ドラマで共演しているお笑いトリオ・3時のヒロインの福田麻貴は11月7日にYouTubeチャンネルにて『妻夫木聡さんと吉高由里子さんの素顔!ドラマの裏側を3時のヒロインが語る!』という動画を公開しました。吉高とは『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で少しだけ絡んでいたようですが、吉高はそのことを覚えていて、『初めましてじゃないじゃ~ん! “ガヤ”で会ってるじゃん!』とフランクに話しかけてきたそう。食堂のおばちゃんにも『ありがとね~』とお礼を言うなど、誰とでも同じ態度で接する姿に感動し、虜になったと明かしています」(芸能ライター)

 一方、お笑いコンビ、ニューヨークも10月11日の自身のYouTubeチャンネルにて、ある番組収録で吉高と初めて会った際に、あまりの可愛さに衝撃を受けたことを告白。カメラマンに「わぁ、久しぶり~」と手を振っている様子を見るにつけ、顔だけでない吉高の魅力の奥深さを感じた様子だった。

「吉高といえば、これまで現場では男性スタッフにボディタッチを連発し、『いきなりハグ』『ひざカックン』『急に耳に息を吹きかける』などのイタズラを仕かけるといった話が有名でした。それがコロナ禍で接触しづらくなってしまった。最近のお気に入りや『コマネチ』や『握りっぺ』で、離れたところからスタッフを笑わせているそうです」(週刊誌記者)

 7月で32歳となった吉高。10月4日に出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、結婚相手を探し中と答えていたが、立候補したい男は山ほどいそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/10 00:00

スタッフがメロメロ! 吉高由里子がコロナ禍で始めた新たな“スキンシップ必殺技”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風...…
写真