日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > スタッフがメロメロ!吉高由里子のスキンシップ術

スタッフがメロメロ! 吉高由里子がコロナ禍で始めた新たな“スキンシップ必殺技”とは?

文=日刊サイゾー

吉高由里子

 妻夫木聡主演のドラマ『危険なビーナス』(TBS系)第5話が11月8日に放送され、平均視聴率は10.9%を記録。5話連続で2桁超えと好調をキープしている。

「危険なラブサスペンス」を謳う同ドラマで、とりわけハマリ役と評判なのが、小悪魔な“謎の女”を演じる吉高由里子だ。現場でも彼女に魅了されている人が続出している。

「ドラマで共演しているお笑いトリオ・3時のヒロインの福田麻貴は11月7日にYouTubeチャンネルにて『妻夫木聡さんと吉高由里子さんの素顔!ドラマの裏側を3時のヒロインが語る!』という動画を公開しました。吉高とは『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で少しだけ絡んでいたようですが、吉高はそのことを覚えていて、『初めましてじゃないじゃ~ん! “ガヤ”で会ってるじゃん!』とフランクに話しかけてきたそう。食堂のおばちゃんにも『ありがとね~』とお礼を言うなど、誰とでも同じ態度で接する姿に感動し、虜になったと明かしています」(芸能ライター)

 一方、お笑いコンビ、ニューヨークも10月11日の自身のYouTubeチャンネルにて、ある番組収録で吉高と初めて会った際に、あまりの可愛さに衝撃を受けたことを告白。カメラマンに「わぁ、久しぶり~」と手を振っている様子を見るにつけ、顔だけでない吉高の魅力の奥深さを感じた様子だった。

「吉高といえば、これまで現場では男性スタッフにボディタッチを連発し、『いきなりハグ』『ひざカックン』『急に耳に息を吹きかける』などのイタズラを仕かけるといった話が有名でした。それがコロナ禍で接触しづらくなってしまった。最近のお気に入りや『コマネチ』や『握りっぺ』で、離れたところからスタッフを笑わせているそうです」(週刊誌記者)

 7月で32歳となった吉高。10月4日に出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、結婚相手を探し中と答えていたが、立候補したい男は山ほどいそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/10 00:00

スタッフがメロメロ! 吉高由里子がコロナ禍で始めた新たな“スキンシップ必殺技”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真