日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 明石家さんまYouTubeに進出か

明石家さんま“敵”だったはずのYouTubeに進出か !?「実は向いている」業界が期待するワケ

明石家さんま敵だったはずのYouTubeに進出か !?「実は向いている」業界が期待するワケの画像1
明石家さんま

 地上波テレビのバラエティ番組をメインの活躍の場として、日頃からYouTubeを“敵”だと公言している明石家さんまが、この年末に期間限定でYouTubeに進出する構想を明かした。

 11月7日にオンエアされたMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』でさんまは、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)でYouTubeチャンネルを開設し、そこでお騒がせ芸人のお宅訪問をする動画を配信する企画があることを明かした。YouTubeであればスポンサーなどへ配慮をする必要がなく、現在テレビから姿を消している宮迫博之、渡部建などといったタレントを出演させられるというわけだ。

「さんまさんの口ぶりでは、YouTube企画はほぼ確定という感じ。渡部がオファーを受ける可能性はそう高くないとは思いますが、宮迫であれば余裕で出てくるでしょうね。今は清掃会社を経営するカラテカ入江や、TKOの木下などもいますし、地上波出演の足がかりがほしいお騒がせ芸能人にとっては、ありがたい企画だと思います」(テレビ局関係者)

 さんまにとっては、あくまでも期間限定でのYouTube出演ということになるだろうが、実はさんまこそYouTube向きだという声もある。バラエティ番組に携わる制作会社関係者はこう話す。

「さんまさんは、もちろん番組の企画をしっかり把握したうえでオファーを受けていますが、一旦オファーを受けたら、あまり構成には口出ししないタイプなんです。基本的にスタッフの意向通りに収録して、編集についてあれこれ指示することも少ない。キャスティングもスタッフにまかせています。つまり、“自分がおいしく見える”ことにはこだわりがあるものの、必ずしも番組の企画やメディアにこだわっているわけではないんです。“地上波バラエティのやり方”であろうが、そうでなかろうが、変わらないのがさんまさんなんです」

 別に地上波テレビのバラエティ番組でなくても、自分の魅力が映像として残れば満足するのがさんまだというのだ。

「さんまさんがおいしくなりさえすれば、いかにもYouTubeっぽい企画だろうが、YouTubeっぽい編集になろうが、文句は出ないでしょう。しかも、YouTubeの動画は企画よりも、演者の魅力に依存している部分も大きいので、さんまほどの知名度があれば、むしろYouTubeにフィットするのではないかとも言われています。広告単価も高く評価されるでしょうしね。さんまさんが信用しているスタッフが制作するYouTubeチャンネルであれば、今後どんどん出ていく可能性もありますよ」(同)

 テレビ界“最後の大物”明石家さんまが、本格的にYouTubeへと進出するのも時間の問題かもしれない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/11/12 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed