日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 明石家さんま、セクハラはスタッフのせい?

明石家さんまのセクハララジオ問題を考える──過激なハガキを選ぶスタッフにも責任ありか

文=日刊サイゾー

明石家さんま

 すでに40年にもわたって、お笑い界のトップを走り続けている明石家さんまも、そろそろ限界か──。

 近頃、明石家さんまの男尊女卑的発言やセクハラ的言動が、批判される機会が増えている。7月21日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、ゲストの西山茉希が育児中に飲みに行く夫への不満を吐露。するとさんまは「ミルクあげてる時に、お尻をパッと触ったら嬉しかったんだ?」と発言した。これに同じくゲストの大島由香里は「余計にイラッとします」と言うと、さんまは「女として見て欲しいんやろ?」と返した。

「さんまさんは、古くから男尊女卑的傾向が強く、結婚したら女性は家庭にいるべき、という考え方。夫が妻のお尻を触ることがサービスであるかのように捉えているわけです。この時は、ゲストのチョコレートプラネット・松尾さんが、さんまさんに対して、女性に対する見方が“下品ですよ”と指摘したことで、話の方向がしっかり修正されましたが、大物であるさんまさんを相手に、誰も何も言えず、微妙な空気のままになってしまうことも少なくないのが問題です」(テレビ局関係者)

 さんまがレギュラー出演しているMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』では、毎週ハロー!プロジェクトの女性アイドルたちが出演し、セクシーなセリフを言わせる「ヤン娘。はいやせません!」というコーナーがある。

「ハロプロメンバーが、直接的ではないけど、卑猥な意味を含む言葉を、いかにセクシーに言えるか、というコーナーです。毎回さんまさんが熱く指導するんですが、まあ完全にセクハラ。頑張ってセクシーに言うメンバーもいれば、あからさまに嫌がっているメンバーもいますが、さんまさんは関係なく“こういう風に言え”などと指導します。若いアイドルたちに拒否権はないも同然。女性アイドルにこんなことをさせるなんて時代錯誤もいいところです」(芸能事務所関係者)

 セクハラ的表現に敏感になっているこの時代には、到底考えられない「いやせません!」のコーナーに対して、肝心のハロプロファンからの評判も悪いという。

「さんまさんの言い分としては、女性アイドルがセクシーな言葉を言うことが、ファンへのサービスになっているというわけです。しかし、ハロプロファンの間では、このコーナーはまったく受け入れられていない。番組そのものは好きだけど、『いやせません!』は飛ばすというファンも多い」(同)

 しかし、一方でこの『いやせません!』で読むセリフは、リスナーから送られてきたものである。ラジオ番組事情に詳しい構成作家はこう話す。

「リスナーからの投稿を選んでいるのは、さんまさんではなくディレクターです。つまり、ディレクターがセクハラにならないようなセリフを選べばいいだけ。でも、さんまさんの目が怖いのか、ディレクターはそれなりにきわどい投稿を選んでくる。それどころか、あまりに卑猥な投稿を選びすぎて、ディレクターがさんまさんに注意されることさえあるという話も。さんまさんだけでなく、番組制作全体に問題があるといえるでしょう」

 ラジオ番組における、閉鎖的な空気が良くないのではないかという声も少なくない。

「ラジオはパーソナリティ―とリスナーの距離が近いゆえ、番組自体が閉鎖的になることも多い。ナインティナイン岡村さんのオールナイトニッポンでの失言の件もそうですが、制作サイドもリスナーも、“世間がどう言おうと、ラジオの中では関係ない”という空気になって、時代遅れのことが起きてしまいがちなんです。『いやせません!』を嫌がっているハロプロファンは世の中の流れをしっかり把握できているのでしょうが、一方で卑猥なセリフを投稿するリスナーは、閉鎖的なラジオの空気に溺れて、その流れを見失っているとさえ言えると思います。

 今はradikoのタイムフリー機能もあるし、いろいろな人がラジオ番組を聞ける時代。ラジオはもはや、オンタイムで聴いているコアなリスナーだけに向けられたメディアではないんです。出演者とスタッフはもちろん、リスナーも、ラジオというメディアについて考え直さなければならないと思います」(前出・構成作家)

 さんまが時代から取り残されているのは、本人だけでなく、周囲にも原因があるということだろう。このままでは、さんまだけでなく、関係者もろとも失墜していくのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/18 09:00

明石家さんまのセクハララジオ問題を考える──過激なハガキを選ぶスタッフにも責任ありかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

瓜田純士、ネットリンチに物申す

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが急...
写真