日刊サイゾー トップ > 芸能  > レコ大、『鬼滅の刃』大ブームでLiSA一択!

レコード大賞、『鬼滅の刃』大ブームでLiSA『炎』一択! コロナでめぼしいヒットもなく…

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

レコード大賞、『鬼滅の刃』大ブームでLiSA『炎』一択! コロナでめぼしいヒットもなく…の画像1
LiSA

   大ヒット中のアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日の公開から今月8日までの24日間で、興行収入204億円を突破。200億円超えの歴代最速記録を達成した。

「今月14日から来場御礼入場者特典を配布。今後12月26日開始の第4弾まで隔週で入場者特典が用意されるが、いずれも各劇場によって数に限りがあるので、まだまだ観客が殺到しそうだ」(映画ライター)

「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていた『鬼滅』だが、今年5月に連載が終了するとたちまち大ブームが巻き起こり映画が大ヒット。

 そして、歌手のLiSAが歌う同作の主題歌「炎」が各種音楽配信サイトのデイリーチャで1位を獲得。55冠達成を達成するなど大ヒット曲となり、GACKT、元NEWSの手越祐也、元モーニング娘。の後藤真希らが自身のYouTubeチャンネルで同曲のカバーを公開し話題になっているが、このブームに救われたのが毎年恒例の年末の音楽界の一大行事『日本レコード大賞』だというのだ。

「今年はコロナ禍の影響で例年よりも楽曲のリリースが圧倒的に少なく、レコ大の大賞候補として目ぼしい曲がない中、瑛人の『香水』が有力視されていた。ところが、10月に『鬼滅』の劇場版が公開されるやLiSAの曲が大ヒット。世間的な話題性、そして当日TBSで放送される、生中継の視聴率を考えても『炎』の一択しかないと考えている業界関係者は多い。ほかの曲が選ばれたら、それこそただのデキレースだろう」(音楽業界関係者)

 一部スポーツ紙によると、おおみそかの紅白では『鬼滅』の特集コーナーと設けることが決定。

「となると、『鬼滅』の人気キャラが登場し、LiSAはアニメ版の主題歌『紅蓮華』と『炎』をフルバージョンで披露することになりそう。歌手別視聴率トップを獲得する可能性もありそうだ」(芸能記者)

 年末にかけて『鬼滅』が、音楽界をも席巻することになりそうだ。

最終更新:2020/11/18 16:19

レコード大賞、『鬼滅の刃』大ブームでLiSA『炎』一択! コロナでめぼしいヒットもなく…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真