日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 中井貴一『共演NG』が大爆死

中井貴一『共演NG』が結局爆死! テレビ東京はなぜ他局の子会社に社運をかけたのか?

文=日刊サイゾー

東京系ドラマ『共演NG』

 鳴り物入りでスタートしたテレビ東京系ドラマ『共演NG』が絶不調だ。

 11月16日放送の第4話は平均視聴率4.2%を記録。初回6.6%でスタートするも、第2話以降は4%台が続いている。

「中井貴一と鈴木京香がタッグを組み、企画・原作は秋元康、脚本・監督が『モテキ』をヒットさせた大根仁という豪華な組み合わせ。そのほかにも山口紗弥加、リリー・フランキー、里見浩太朗と実力派ぞろいで、制作費は在京キー局と同等の1話当たり2000万円以上と、テレ東としては破格の高予算。社運をかけていると言ってもいい力の入れようです」(芸能記者)

 番組最後の提供クレジットに飲料メーカーの『キリン』と『サントリー』というライバル会社が1画面に並び、キリン『一番搾り』、サントリー『モルツ』『金麦』とビールのCMが立て続けで流れるという“禁断共演”を果たすという試みは大いに話題になったものだが、視聴者が離れたのはなぜか。テレビ誌ライターがこう指摘する。

「どこかで見たような設定で、ストーリーが容易に想像できてしまう。加えて、キャスティングミスだったことも否めません。月曜の夜にテレ東にチャンネルを合わせるのは若者が多いのですが、中井や鈴木を観たいと思うのは50代以上ですからね。この数字はキー局であれば打ち切られてもおかしくはありません」

 一方、テレビ関係者は内容以前に問題があると指摘する。

「同作は、フジテレビの子会社である株式会社フジクリエイティブコーポレーション(FCC)が制作しているんです。そもそも近年のフジテレビのドラマは、散々な結果のものばかり。これも、フジとの“共演”ということなのかもしれませんが、テレ東も社運を他局の子会社に委ねてしまって良かったのか」

 このままだと「放送NG」になってしまう⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/20 20:00

中井貴一『共演NG』が結局爆死! テレビ東京はなぜ他局の子会社に社運をかけたのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真