日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐、紅白出演後にファン暴走に懸念

嵐、大晦日は紅白出演後に無観客ライブ 最大の懸念材料は「アラシックたちの暴走」か

文=日刊サイゾー

 今年の大晦日に活動休止前最後のライブとなる『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』を無観客で開催する嵐。この日は『NHK紅白歌合戦』に出場することも発表されており、当日のタイムテーブルも気になるところだ。

 11月19日発売の『女性セブン』(小学館)では、配信ライブを21時からスタートし、日付が変わるギリギリまで行う可能性が高いと報じている。

「紅白にはライブ会場からの中継で出演ということになりそう。配信中に紅白を挟むのは難しいので、紅白の出番はライブ開始前でしょうね。NHKとしてはトリを任せたいと思っていただろうから、あっさり裏切られた形です」(音楽業界関係者)

 この配信ライブで大きな問題になっているのが「会場」である。ジャニーズ事務所は、最後のライブということで、会場周辺にファンが集まり、“密”の状態となることを懸念している。

「各メディアに対して、ジャニーズ事務所から“配信ライブの会場を絶対に明かすな”という通達も出ているようですね。しかし、会場がどこであるかということについては、すでに色々なメディアで報じられているので、今から情報統制してもどうにもならない。ファンであれば、どこでやるかなんてみんな知っていますからね」(同)

 そうなると、あとは嵐のファンたちがいかに自制して、会場周辺に集まらないようにするかという問題になる。

「ジャニーズ事務所もそのあたりはしっかり注意喚起をしていくでしょうが、一部のファンの暴走は止められない可能性も高い。最近でこそ嵐のファンのマナーはいいという風潮ですが、“アラシック”なんて呼ばれるファンたちが酷い行動を繰り返してきた過去もありますし。

 しかも、これで活動が最後となれば、“どうなっても関係ない”という心理になってとんでもない行動に出るファンもいるでしょう。活動休止になるなら、違反行為をしてファンクラブを除名されたところで、別に痛くも痒くもない……と考えるファンは少なくないはず。会場周辺で、とてつもない修羅場が展開されてしまうかもしれません」(同)

 最後の最後まで嵐とそのファンたちの動きから目が離せない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/22 10:00

嵐、大晦日は紅白出演後に無観客ライブ 最大の懸念材料は「アラシックたちの暴走」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真