日刊サイゾー トップ > カルチャー  > バーチャルメイド喫茶、体験してみた

スマホで楽しめるバーチャルメイド喫茶爆誕!今なら550円でバーチャル萌えできる

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

 新型コロナウイルスの影響で、打ち合わせや飲み会などコミュニケーションの場のオンライン化が一般的になった2020年。こういった状況を受けて、秋葉原を中心に複数の店舗展開をしているメイド喫茶「あっとほぉーむカフェ」がバーチャル化して登場した。

「あっとほぉーむカフェ」といえば、テレビやドラマのロケ地としても有名で、メイド喫茶に足を運んだことがない人も知っているメイド喫茶の代名詞的存在。いったい、どんな内容なのか。

 現在ベータ版としてサービスが開始されている「バーチャルあっとほぉーむカフェ」は、開業16周年を迎えた「あっとほーむカフェ」の仮想メイド喫茶。バーチャル空間でのサービスといっても特別な機器は必要なく、ユーザーはスマホ経由でサービスを受けられる。

 サービスの流れを説明しよう。ユーザーが最初にやるべきは、イヤホンマイクの接続だ。「バーチャルあっとほぉーむカフェ」は音声会話を楽しめるサービスなので、これは忘れないようにしたい。

 そして次に、サービスサイトにアクセス。アプリなどのインストールは必要なく、スマホのWEBブラウザから入っていく。初めての利用の場合、仮想空間での名前の登録が必要となる。登録後は変更できない点に注意したい。そして、敬称を「ご主人様」か「お嬢様」から選択、アバターの外見を男女から選ぶ(外見は登録後も変更可能)。最後に、誕生日を入力してスタートとなる。

123

スマホで楽しめるバーチャルメイド喫茶爆誕!今なら550円でバーチャル萌えできるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真