日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > スマホゲーらしくない『オクトパストラベラー』の中身

スクエニ新作のスマホRPG『オクトパストラベラー』はすべてがスマホらしかぬ仕様

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

(C)2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 2018年7月にNintedo Switch向けに発売された『オクトパストラベラー』。オンラインでの協力・対戦プレイが主流の中で、シングルプレイに振り切った王道RPGで、スクウェア・エニックスによる新規IPタイトルでもある。このシリーズ最新作『オクトパストラベラー 大陸の覇者』が、10月28日にスマホ向け(iOS、Android)に配信が開始された。スマホゲームらしく基本プレイ無料のシステムで登場したシリーズ最新作は、どういったものなのか?

 ストーリーはSwitch版の数年前の設定で、オルステラ大陸を舞台にした新しいストーリーが展開する。オルステラ大陸には富、権力、名声を極めし者が存在し、それぞれ異なったストーリー展開が用意されており、ゲーム開始時にプレイヤーはどれをプレイするのかを選択することになる。もちろん、ストーリーによって登場するキャラもエリアも異なる。

 ゲームを開始してまず気がつくのは、ドット絵で表現されたグラフィックだろう。現在のスマホゲームではポリゴンでの高解像度なグラフィックが主流となっているだけに、ある種新鮮に見える。このドット絵が3Dグラフィックと組み合わされて、HD‐2Dと呼ばれる手法で表現されている。これはSwitch版でも高評価だったものが、そのままスマホにも移植されているわけだ。

123
関連キーワード

スクエニ新作のスマホRPG『オクトパストラベラー』はすべてがスマホらしかぬ仕様のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真