日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小林夫婦の暴走事務所も止めれず

小林麻耶の降板騒動 “優良事務所”の生島企画室も止められなかった夫婦の暴走

文=日刊サイゾー

小林麻耶の降板騒動 優良事務所の生島企画室も止められなかった夫婦の暴走の画像1
小林麻耶

 レギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を降板となり、所属していた芸能事務所「生島企画室」との契約も終了したことを突然発表した小林麻耶。本人は、『グッとラック!』のスタッフからイジメを受けていたと告白したが、TBSは否定している。

「小林はYouTubeでイジメを受けていたことを理由にロケに行くことをやめたと発言。つまり、無断欠勤したという形です。番組降板は本人の意向であるようですが、業務放棄は所属事務所に対する背反行為となるのは間違いない。正常なマネジメント業務ができないと判断され、契約終了になったという流れですね」(ベテラン芸能記者)

 生島企画室は、元TBSアナウンサーの生島ヒロシが実弟の生島隆氏と共に1989年に立ち上げた事務所。小林が所属したのは、2019年5月のことだった。

「生島企画室は、徐々に芸能界で勢力を拡大している事務所。小林さんにとってもいい選択だったと言われていたんです」(芸能事務所関係者)

 フリーアナウンサーを多数抱える生島企画室だが、最近は女優の浅野温子や多数の文化人も所属している。

「事務所が大きくなるきっかけは、現在も所属している優木まおみがバラエティ番組でブレイクしたことでした。優木が売れていくと共に、生島企画室も大きくなっていったんです。優木はハーモニープロモーションという事務所と業務提携をしていて、バラエティ番組への営業はハーモニーの力も大きかったと言われています。ちなみに、ハーモニーの社長は、シャ乱Qや初期のモーニング娘。のマネージャーとして、当時たくさんのテレビにも出演していた和田薫氏です」(同)

 優木のブレイクで勢いづき、新興事務所として存在感を高めている生島企画室。老舗ではないがゆえのフットワークの軽さが、大きな長所となっている。

「地方局を退社したアナウンサーも多く所属しているのが特徴。同様のアナウンサー系事務所といえばセント・フォースが最大手ですが、生島企画室はセント・フォースに比べて、いい意味で“ゆるい”。事務所サイドからタレントにいろいろ要求してくることもあまりなく、仕事がしやすいと話す業界人も多いです。社風としても、アットホームでタレントにしっかり寄り添う人情派の事務所だと評判なんですよ。そんな生島企画室が小林さんに対して契約を終了するのだから、相当どうしようもない状態だったのかもしれませんね……」(同)

12

小林麻耶の降板騒動 “優良事務所”の生島企画室も止められなかった夫婦の暴走のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

大物芸人がコロナ禍で「引退状態」!?

 緊急事態宣言の延長で、各業界の苦境が伝えられ...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真